大人は子どもの良き助言者であれ

Pocket

こんにちは。野球カウンセラーの沖増です。

先日に下記の内容をSNSに配信しました。

 

良き助言者がいる人は

スランプから立ち直るのが速い

 

活躍できなくて落ち込んでいる時、

監督やコーチから理不尽なことを言われた時、

迷っている時など

 

良き助言者がいると話を聞いてもらうのも

スランプから抜け出す方法の一つですし、

 

助言者から的確なアドバイスを

もらうだけで成長できるものです。

 

今回はこの内容について詳しく説明していきます。

 

私が野球少年だった頃

監督、コーチから言われたことは

絶対に従うことが当たり前だった。

 

口答えなんてあり得ない。

何を聞かれても

「はい」「いいえ」でしか答えれない。

 

苦しくても、辛くても弱音なんて

絶対に言えない、言ったら確実に

試合に出してもらえない。

 

どんな理不尽なことでも

監督、コーチが言うことは正しいと

思い込まされた。

 

仲間はもちろん、親にだって

弱音を吐いたことがなかった。

弱音を吐いたら負けだと思った。

 

でも、本当は弱音を言いたかった

話を聞いて欲しかった。

苦しみを分って欲しかった。

 

誰にも相談できず一人で苦しみ

野球を辞めていった仲間もいた。

 

みんな同じ気持ちだった

 

あの時に、

相談できる仲間がいたら…

相談できる大人がいたら…

相談できる環境だったら…

 

あの頃の環境で親に相談しても

「そんな根性なら辞めろ」

「男なら最後までやれ」

 

精神論で言い返されたに違いない

 

でも今は、

そんな精神論は通用しない

そんな精神論を持っても

余計に辛くなるだけだ。

 

子どもながらに私は

「そんな答えを求めていない」

「俺の気持ちが伝わらない」

そう強く思った。

 

辞めたいとか、根性がない

という話ではなくただただ

話を聞いて欲しかったし

認めて欲しかっただけ。

 

そう思ってしまった私は

いつしか大人に対して心を閉ざした…

「どうせ分ってくれない…」

 

子どもの頃にこう思ってしまうと

大人になった本当に厄介だった。

 

大人になっても大人に対して

「どうせ分ってくれない…」

この思考が抜けなくなるのです。

 

今の子どもとたちには

私のように大人に心を

閉ざしてほしくはない

 

多くの子どもはやっぱり大人に対して

少なからず心を閉ざしている

 

私も子どもたちに教えているが

私がそうだったので余計に伝わってくる。

 

今までの環境のせいで心を閉ざしている

「どうせ何言っても分ってくれない」

「認めてくれない」

「ダメなんだ…」

 

子どもたちの気持ちが痛いほど分る。

 

そんな気持ちで野球をやっても面白くないし

誰のために野球をやっているのか分からなくなる。

大人の目を気にしながら野球をやってしまう。

 

子どもには野球はもちろん、

人生においても楽しんでもらいたい。

ワクワクしてもらいたい。

 

そのためにも

子どもを認める

子どもの意見を聞く

子どもと話し合う

 

これが本当に大切だと思う。

 

しっかり話を聞いてあげて

認めてあげてそれから

的確なアドバイスをしてあげて欲しい。

 

野球のアドバイスだけでなく

人生のアドバイスをして欲しい。

 

子どもたちが社会に出ても

活躍できるアドバイスをして欲しいです。

 

子どもにとってそんな大人がいれば

安心できるし、大きく成長できます。

 

一番は親であるあなたが

良き助言者になって欲しいのです。

 

いつでも近くに安心できる場所

安心できる存在、

何でも話せる存在がいるというのは

子どもにとって必要な場所です。

 

是非、子どもたちのためにも

そして、

自分のためにも良き助言ができるように

あなた自身も成長していってください。

 

私も毎日、自分の野球理論に磨きをかけるために

研究と練習しています。

 

そして自分の人生と向き合い、見つめなおし

勉強と実践をしていますので参考として

私のYouTubeとTwitterを見ていただけたらと思います。

 

それでは、今回は以上にします。

 

YouTubeチャンネル↓↓

野球上達の練習方法を伝えるYouTubeチャンネル

 

Twitter↓↓

野球上達の練習方法や考え方を中心に呟くTwitter

 

野球少年のお金と時間の感覚に危機感↓↓

親子で学ぶ教室

 

Twitter↓↓

自分自身との向き合い方などを呟くTwitter