野球の神様があなたに伝えたいこと

Pocket

こんにちは。野球カウンセラーの沖増です。

先日に下記の内容をSNSに配信しました。

 

事実は一つ、解釈は無限

 

「チャンスで三振をした」これは事実です。

この事実は変えることはできません。

 

しかし三振したことを

どう思うかは無限にあるのです。

 

「苦手なコースが分かった」

「準備不足」

「明日からまた頑張ろう」

 

などいくらでも出てきます。

事実を変えれないのであれば解釈を変えましょう

 

今回はこの内容について詳しく説明していきます。

 

絶好のチャンスで凡打した時

悔しくて悔しくてたまりません。

 

こんな経験私は何回もしてきました。

 

「打てなかった…」

 

ただただ、

それを悔やんでしまうのです。

 

凡打した後というのは当然

冷静ではいられないので

悔しい感情しか出てきません。

 

悔しいを通り越して怒りの

感情が出てくることも

よくあります。

 

その日は

「悔しい」「怒り」「情けない」

こう言った感情で一日が終わります。

 

ここで伸びる選手、落ちていく選手が

分かれてくるのだと思います。

 

私のように1日中

「悔しい」「怒り」「情けない」の

感情で終わるような選手は成長がないのです。

 

そりゃそうですよね。「悔しい」感情だけで

そこから何も解決策も生れないし、

行動もできません。

 

行動するとしたら悔しすぎて何もしないか

悔しすぎてむやみやたらに練習するかです。

 

一見、練習する方が成長するように見えますが

じつはむやみやたらと練習することは成長とは

言えません。

 

なぜなら、目的意識がないからです。

 

では、私と違って伸びていく選手は

何をしたのかというと、見た目は私と同じように

「何もしない」もしくは「練習」です。

 

同じことをしているのに、伸びる選手

伸びない選手がハッキリしてくるのです。

 

社会人野球はレベルも高く考え方も全く違います。

幸い、私はそんな環境に居ることができたので

周りの選手などに話を聞くことができます。

 

伸びる選手は何を考えどう行動するのか?

よく言われた言葉があります。

 

「事実は一つ解釈は無限」

 

凡打で打てなかったのは事実だし

変えることはできない過去になる。

 

でも、打てなかったという解釈

いわゆる考え方というのはいくらでもある。

 

「凡打で三振した」これを自分にとって

都合の良いように受け取るのだ。

 

「今日は何もせずに帰れと

野球の神様が教えてくれてるんだな」

 

「ここでヒットを打ったら

調子に乗るから気づかせるために

打たせなかったんだな」

 

「俺はこのコースが打てないのか

それに気づけということか」

 

こんな風にどんな受け止め方でもいいので

とにかく自分に都合が良いように前向きに

考えることが大事になるのです。

 

そうやって考えていくと

前向きに休むこともできるし

目的意識をもって練習に取り組めるのです。

 

「事実は一つ、解釈は無限」

 

いきなり試合や練習で試すのは

難しいので、普段の生活の中でも

自分に都合の良いようにとらえる。

そういった意識で生活してみてください。

 

もっと身近に感じるために

受け止めるときに野球と

結び付けてみてください

 

何か起こったら

「これは野球の神様が○○しろということか」

という風にです。

 

道を歩いていたら段差につまずきこけた

「こけた」という事実は確かですが

なぜこけたのか?

 

野球の神様が足腰が弱いということに

気付かせるためにこかせたんだな。

 

こんな風に考えれたら成長です。

 

こう言った考え方がしっかりできれば

野球だけでなく普段の生活、社会生活

において、前向きになり落ち込むことが

少なくなります。

 

落ち込むことがなくなり、

ワクワクが多くなれば

そのワクワクにつられて

「大きな良いこと」がやってきます。

 

「大きな良いこと」って何?

 

それはあなたが

「良いようにとらえた数」で変わってきます。

 

事実を変えれないのであれば解釈を変えましょう

 

私も毎日、自分の野球理論に磨きをかけるために

研究と練習していますので参考として

私のYouTubeとTwitterを見ていただけたらと思います。

 

それでは、今回は以上にします。

 

YouTubeチャンネル↓↓

野球上達の練習方法を伝えるYouTubeチャンネル

 

Twitter↓↓

野球上達の練習方法や考え方を中心に呟くTwitter

 

野球少年のお金と時間の感覚に危機感↓↓

親子で学ぶ教室

 

Twitter↓↓

自分自身との向き合い方などを呟くTwitter