バッティングで飛距離を出すために必要なヘッドを走らせるコツと身体の動き

Pocket

こんにちは沖増です。

 

今回は

「ヘッドが返る仕組み」

についてお話ししていきます。

 

ヘッドスピードを上げるのは

上半身の回転が大事になります。

 

上半身の回転で

ヘッドスピードを上げる方法

についてはコチラの動画を

参考にしてください↓↓

 

【ヘッドを走らせるとは】ヘッドスピードを速くするための身体の使い方

今回はその内容と少し考え方や

身体の使い方などを変えて

 

ヘッドが返る仕組みについて

お話をしていきたいと思います。

 

「ヘッドが走る」

という言葉がありますが

 

「ヘッドが走る」とは

どんな状態のことを言うのか。

 

これはよく言われることは、

ヘッドの速度が速くなる

という感じなんですけども、

 

実際には

どういう動きなのかと言うと

ヘッドがグリップを

追い越すことが

 

「ヘッドが走る」

ということになります。

 

腕で振ったり手打ちだと

手がどんどん動いていくので

 

ヘッドがグリップを

追い抜けないので

ヘッドは走りません。

 

なのでどうしても

手打ちスイングだと

ヘッドが走らず

 

ヘッドスピードの速度が

上がらなくなります。

 

さらに詳しくお話すると、

一番分かりやすい動作が

タオルの動きです。

 

タオルの先端を勢いよく

「ビュッ」とさせるには

どのような動きをするか

イメージしてください。

 

タオルをビュッとすると

タオルの先が加速して

当たる衝撃は大きくなります。

 

なぜこのようにタオルの先が

加速するのかと言うと、

 

タオルが進む方向に対して、

力を加えたモノを最後に

引く動作が生まれると、

 

引いた瞬間に

先が追い抜いたときに

加速して速度が速くなります。

 

文章ではなかなか

伝わらないと思いますので

 

ブログの最後に

動画を貼り付けています。

参考にしてみてください。

 

実際にバットスイングも

それと同じ動作をすると

ヘッドが走って

加速しやすくなります。

 

ではどうやってやるのかですが、

バットと言うのは

重さもありますし

長さもあるので

 

手首だけでやってしまうと

手首を痛める可能性があるので、

 

身体全体を使って

タオルをビュッと

するような動作をします。

 

どういう動きになるかと言うと、

ステップし身体全体で

グリップを引っ張ってきて

 

スイングををするときに

タオルを引く動作と一緒で

身体を一瞬

キャッチャー側へ戻します。

 

そうすることによって

グリップが身体側に戻されます。

 

グリップが身体側に戻され

ヘッドがグリップを追い越します。

 

このように身体を使って

グリップを引き戻すこで

 

手の力を使っていなくても

勝手に身体が戻った瞬間に

ヘッドがグリップを追い越します。

 

この感覚を身に付けると

ヘッドを走らせることに

 

腕の力や手首を使わなくても

いいということに

気づくことができます。

 

例えばバットを軽く

握っているだけでも

 

身体の動きだけで

ヘッドがグリップを

追い越すことができます。

 

なので手首を使って

ヘッドを返さなくても、

 

身体を

キャッチー側に戻すことで

ヘッドが加速されていきます。

 

身体を戻すことについては

過去の動画でも

お話していますが、

 

バットを

引っ張ってくる動作が

前足に踏み込む動作、

 

前足を蹴る、

キャッチャー側に

蹴ることができれば

 

身体が

キャッチャー側に戻る

動きが生まれて

 

結果的にヘッドが走る

スイングになります。

 

バッティングで力に頼らない飛ばし方ができる身体の引っ張りと逆動作

バッティングで頭が突っ込む、体重移動が苦手な選手のための前足の壁を作る練習方法

ヘッドを走らせるのは

腕や手首を使って

走らせるのではなく

 

身体を使って

結果的にヘッドが走る、

 

ヘッドが走ることによって

ヘッドがグリップを

追い越すので

手首が返る動きになります。

 

うすることで

手首を返すという作業を

考える必要がなくなるので

バッティングに集中できます。

 

なので手首が返ると言う動作は

非常に大事な動きなんですけども

 

意識してやってしまうと

どのタイミングで、

どのくらい手首を返すのか

 

ということを自分で

コントロールしないと

いけないので難しいのです。

 

私も現役時代、

手首を使ってヘッドを走らせる

スイングをしていた

時期があります。

 

なのでよくわかるのですが、

調子が良い時は

「ここで手首を返す」

 

というタイミングと

動かす範囲がハッキリ

わかるのですが、

 

このタイミングと

動かす範囲が少しでもズレると

手首ばかりに意識が

行ってしまいます。

 

手首に意識が行けば行くほど、

スイングがぎこちなくなり

 

スムーズなスイングが

できなくなって

手打ちの状態になることが

多かったです。

 

なのでそれからは

インパクト付近で手首を返して

ヘッドを走らせることに関して

 

なるべく意識せずに

勝手に手首が返る

身体の使い方をするのが

理想的なスイングになりました。

 

意識せずに勝手に手首が返る

身体の使い方をするためにも、

 

前足をしっかり踏み込んで、

前足で蹴って後ろに戻る

 

という動作を

繰り返すことによって

 

自然と手首が返る、

ヘッドが走る動作を

身体で覚えることができます。

 

前足をしっかり踏み込んで

キャッチャー側に身体を戻す

 

この時に

注意するポイントですが、

 

キャッチャー側に

身体を戻すのですが、

体重を戻す意味ではないです。

 

頭を戻したり、

軸足に体重を

乗せすぎたりするのではなく

 

インパクトし終わった後に

軸足に体重が戻る感覚です。

 

前足でバットを

引っ張ってくる練習

 

前足でキャッチャー側に

身体を戻す練習、

 

この練習を両方一緒に

取り入れてみてください。

 

そして、

前足を蹴り戻す

タイミングですが、

 

インパクトした後に

蹴り戻しても遅いので

インパクトする直前に

蹴り戻します。

 

目安として軸足の前ぐらいに

バットが来たら蹴り戻す

 

このぐらいの意識で

インパクトでちょうど

蹴り戻すタイミングと合って

 

ヘッドスピードが

加速されていきます

 

というわけで

最後まとめていくと

 

「ヘッドが返る仕組み」

と言うのは、

 

力を出した方向と逆の方向に

引っ張ってくることによって

ヘッドがグリップを

追い越すことで

 

「ヘッドが走る」

ということになります。

 

逆方向に引っ張る動きが、

前足で身体を

キャッチャー側に

蹴り戻す動きになります。

 

蹴り戻すタイミングとしては

軸足にバットが通り過ぎる

あたりで前足を蹴り戻すと

 

インパクトで

ヘッドが返ってきます。

 

前足でしっかり

バットを引っ張ってくる、

 

前足でキャッチャー側に蹴る。

 

前足を蹴るタイミングを

練習して身体でこの感覚を

覚えてみてください。

 

今回の内容を

動画で観たい方は

コチラの動画からどうぞ↓↓

 

バッティングで飛距離を出すために必要なヘッドを走らせるコツと身体の動き


サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ

 

SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ