バッティングで前足のつま先、膝が開くのはダメなのか?その理由は?

Pocket

こんにちは沖増です。

 

今回は

前足のつま先と膝の開き

についてお話ししていきます。

 

バッティングの基本として

昔から言われている

 

前足のつま先と膝の向きは

真っすぐに向ける

と言われてきました。

 

打ち終わって

内ももと足の内側に

力が入っている状態が

 

理想だと

言われ続けてきました。

 

 

つま先と膝が開くのは

ダメだと言われてきました。

 

ではなぜ、

つま先と膝が開くのはダメだ

と言われるのでしょうか?

 

一番の理由はステップした時に

上半身も一緒に開いてしまう

からだと思います。

 

上半身が開くことで

 

下半身からの力が伝わらない

バットがここから出てくる

アウトコースが遠くなる

 

などなど理由は

たくさんあると思います。

 

でも、

この上半身が開く原因は

本当に前足のつま先や

膝なのでしょうか?

 

前足のつま先が開かなくても

上半身が開いてしまうことは

十分にあります。

 

多くの人は

バッティングというのは、

体重移動と回転動作が大事

だということは分っています。

 

と言ことは

しっかり体重移動して

回転動作を行わないと

 

力強い打球や

飛距離は伸びない

と思っているのに、

 

前足のつま先と膝が

開かないようにと

指導しています。

 

足の内側(もも、足の裏)に

力を入れて踏ん張れ!!

と言います。

しかし、

これだと体重移動も

身体の回転動作も

十分にできません。

 

下半身を使ったスイング

というのは、

 

軸足に溜まった力を

骨盤、股関節を使って一気に

インパクトの時でぶつけます。

 

そのためには

軸足に溜まった力を

解放する必要があります。

 

下半身がしっかり

使えている骨盤の動き

というのは

 

後ろの骨盤が

ピッチャー側に向かって

直線的に前に出ていく

動きをします

 

この時、前足の膝は

少し内側を向いています。

 

この膝を

ピッチャー方向に動かします。

 

この動きによって

前の骨盤が前に動かないように

一緒に骨盤も動いてきます。

 

そして

前の骨盤を後ろに引く動き

後ろの骨盤を直線的に

前に出します。

 

おそらく文章だと

伝わらないと思いますので

 

コチラの動画を

参考にしてみてください↓↓

 

バッティングのときに身体が起きる、ドアスイングをなくす軸足の使い方

前足の足の裏で

しっかり地面をつかんで

足が動かないように

膝を限界まで回していきます。

 

これ以上回らない

というところまで回します。

 

この時に前足の外側に

すごく力が加わっています。

 

内側でなく

外側に力が加わります。

 

前足の回転のカベで

勢いが急に止まることで

 

腕が出て

バットスイングが速くなり

ヘッドが走ってきます。

 

このような骨盤の使い方、

動きによって

 

体重移動と回転運動が

起こります。

 

おそらくこちらも文章では

伝わらないと思いますので

 

コチラの動画を

参考にしてみてください↓↓

 

バッティングで頭が突っ込む、体重移動が苦手な選手のための前足の壁を作る練習方法

前足のつま先と膝を閉じて

内側に力を入れて

踏ん張った場合、

 

体重移動だったり股関節が

回転していく動きが

できずらくなります。

 

股関節が上手く

回転しないと

 

身体が伸びあがってしまう

原因にもなります。

 

しっかり股関節と骨盤が

回転する動きが行われるので

 

前傾姿勢が保たれて

身体が起きあがらない

スイングができます。

 

バッティングでよくある悩みが

身体の回転ができない、

体重移動が上手くできない

という悩みが多いです。

 

体重移動や身体の回転が

しっかりできれば

 

ヘッドスピードが速くなったり

飛距離が伸びたり

強い打球が打てるのですが

 

身体の回転、体重移動が

しっかりできないから

 

バットが出てこない、

身体が伸びあがる、

ドアスイングになる、

 

手打ちになる、

身体が後ろに引ける

 

などの打ち損じをしてしまう

スイングになるのです。

 

私もずっと

身体の回転や体重移動が

できなかったから

 

バットが出てこなかったり

身体が後ろに引けるような

スイングをしていました。

 

しっかり身体の回転、

体重移動ができように

何をしたかというと

 

前足の開きです。

 

つま先と膝を開いて

下半身を使うことで

 

骨盤と股関節がしっかり動いて

回転できるように

なったのです。

 

実際に私はどのように

前足を開いて打っているのか

写真の画像だと

分かりづらいですが

つま先も膝も開いています。

 

実際に

つま先を開かないでも

 

しっかり股関節と骨盤を

使えて打てるなら

そのままでもいいです

 

体重移動や回転が

上手くいかない選手は

 

前足のつま先と膝を

開いて打ってみてください。

 

足を開く時の注意点ですが、

上半身は開かないように

しっかりねじれ、

割れの状態を作っておく

 

テイクバックの時は

軸足の股関節に

しっかり体重が乗っていること

 

つま先は開いてもいいが、

回転が始まったら

 

足の裏で

しっかり踏ん張って

動かさないようにする

 

動いてしまうと力が抜けて

回転のカベがなくなるので

バットが出てこなくなります

 

いろいろなつま先の向きを

試して自分に合う向き、

 

いい打球が飛ぶ

つま先の向きを

 

練習を繰り返して

覚えて行ってください。

 

今回の内容を

動画で観たい方は

コチラからどうぞ↓↓

 

バッティングで前足のつま先、膝が開くのはダメなのか?その理由は?


サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ

 

SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ