【バッティングの大敵】打席での力みをなくし力を抜く7つの方法

Pocket

こんにちは

野球カウンセラーの沖増茂伸です。

 

今回は

「打席で力を抜く方法」

についてお話ししていきます。

 

打席でガチガチに

力が入っている選手や

大振りする選手に対して

 

「肩の力を抜け」

「リラックスリラックス」

と声をかけると思います。

 

私も現役の時に

よくそんな声が

聞こえてきました。

 

でも実際に「力を抜く」

どうやってやればいいのか

わからないし

 

深く考えたことが

ないと思います。

 

今回は私が実践してきた

力を抜く方法を

 

いくつか

紹介したいと思います。

 

そもそも

バッティングで力が入ると

何がいけないのでしょうか

 

スイングをするときに

力が入ってしまうと

動きが遅くなります。

 

野球経験者なら

気持ちが分かると思いますが、

 

狙ったボールや

大好きなコースに

ボールが来た時

 

「よし来た!」と思い、

ついつい力が

入ってしまいます。

 

少しでも力が入ると

ボールへの反応が

一瞬遅れます。

 

この一瞬が

打ち損じになります。

 

「よし来た!」

と思った瞬間に力が

グッと入るのです。

 

力が入るということは

スイングスピードが落ちて

ヘッドスピードも

加速されません。

 

スイングスピード、

ヘッドスピードを

加速させるためには

 

振り始めるときには

力を抜いておく必要があります。

 

力を抜くことで

ヘッドスピードを

加速させることができるのです。

 

詳しくはコチラの動画を

参考にしてください↓↓

 

バッティングでヘッドスピードを

加速させるための

力を入れるポイント力を抜くポイント

スポンサーリンク



このような

デメリットがあるので

 

バッティングでは

力を入れすぎたら

いけないと言われます。

 

ただし、

力を抜けばいいと言って

ずっと力を抜きっぱなしで

スイングをしたら

 

当然ですが

スイングスピードもないし、

ヘッドが加速されません。

 

さらに

フォロースルーも

小さくなります。

 

他にも

球速に負けてしまうので

強く打ち返すことができません。

 

力の抜きっぱなしも

飛ばすためにはよくないのです。

 

では、バッティングにおいて

力を抜く時と力を入れるときは

どこなのか?

 

私の経験と実体験ですが、

スイングをし始めるとき、

フォロースルーの時です。

 

打つ瞬間というのは

自然に力が入るものです。

 

逆にインパクトの瞬間に

力を入れようとすると

 

他の所に力が入ってしまうので

力んでしまいます。

 

構えた時は

力を抜いた状態に

しておきます。

 

トップに入ったときは

上半身に力はいれませんが

 

下半身は力を入れておく

必要があります。

 

 

では、簡単にできる

力を抜く方法を

7つ紹介します

 

1つ目は

バットを握らないです。

 

力が入る選手と言うのは

打球を遠くに飛ばしたい、

強い打球を打ちたい

 

と考えると常にバットを

強く握ってしまいます。

 

考えとしては

インパクトで100%の力を

出したいと考えて

 

強く握ってしまうのですが、

逆にインパクトで

力が抜けてしまいます。

 

インパクトで

力を発揮したいのであれば

バットは握らないことです。

 

力を抜いて

インパクトするつもりで

バットを握れば

 

自然に

インパクトで力が入ります。

 

 

2つ目は

バットを肩の上に置く

 

構えたときにどうしても

バットを握ってしまう、

力が入ってしまう場合、

 

肩にバットを置いて

構えます。

 

肩にバットを置け

握らなくても

バットを持つことができます。

 

振り始めるときまで

バットを肩に置き

 

振り始めるときに

バットを握って

スイングをします。

 

構えたときに

力が入る選手、

 

レベルスイングを

したい選手には

おススメの構え方です。

 

 

3つ目は

身体をゆっくり動かす。

 

人間と言うものは

動きが止まっている状態から

動き始めるときに

 

大きな力が必要になりますし、

スピードも加速させにくくなります。

 

止まっている車を

イメージしてもらうと

わかりやすいです。

 

完全に

止まっている状態の車で

いきなりアクセルを踏んでも

 

すぐにはスタートしませんし

一気に加速することは

難しくなります。

 

それを少しずつ

車を進ませながら

アクセルを踏むと

加速もしやすくなります。

 

これは

バッティングにおいても

同じで、

 

完全に止まった状態から

バットを振りだすには

力が必要になります。

 

力が必要だから

力が入るのです。

 

身体をゆっくりでも

小刻みでも動かしていれば

 

身体の力が抜けてきますし、

振り出すときに

スムーズにバットを

出すことができます。

 

4つ目は

打席で思いっきり

肩や腕に力を入れて抜く

 

まずはやってみてください。

5秒間、肩や腕に

思いっきり力を入れます。

 

その後に

一気に力を抜きます。

 

そうすると

最初の時より

力が抜けているのが

分かると思います。

 

次に5秒間

バットを強く握って

一気に力を抜きます。

 

その後に

バットを持って構えると

力が抜けて

構えることができます。

 

人間の身体は

力を入れた後は

力が抜けます。

 

その力を使って

構える前に

思いっきり力を入れ

一気に力を抜いて構える。

 

これは多くの選手が

取り入れているので

やってみる価値はあります。

 

5つ目は

胸をストレッチすると

力が抜ける

 

と言われるので

身体を大きくそらす

 

具体的な理由は

わかりませんが、

 

実際にやってみると

確かに力が抜けて

リラックスできます。

 

6つ目は

ボールに集中しないこと

 

ボールに集中しない

と聞くと

 

「えッ」と

思うかもしれませんが、

 

ボールをしっかり見るために、

ピッチャーに集中したり、

ボールに集中しますが

 

一点を集中して見続けると

いつの間にか肩に

力が入ってしまいます。

 

あなたも

経験あると思いますが、

 

針の穴に糸を通すとき

集中しすぎて

 

肩が凝ったり

疲れたりすると思います。

 

それと同じで

一点に集中しすぎると

力が入ってくるのです。

 

なので

ピッチャーやボールに

集中するのでなく

 

ピッチャー全体を

ぼーっと見るようにすると

力が入らなくなります。

 

7つ目は呼吸です。

 

鼻から吸って

口からゆっくり吐く

 

打席に入って

この呼吸を繰り返します。

 

私はこの呼吸をしながら

タイミングを取って

 

吐きながら

スイングするように

意識をしています。

 

インパクトで

息を止めて打つことは

していませんし、

おススメもしません。

 

実際に打つときに

息を吐くと

 

スイングスピードが

上がります。

 

よく打つ瞬間に

声を出す選手がいますが

そういった理由で

声を出しているのです。

 

余談ですが

試合で緊張する、

打席で緊張する人は

 

自分の呼吸にだけ

意識を向けてください。

 

緊張する理由は

頭の中で失敗したときの

イメージとか

 

不安で

いっぱいになるから

緊張するのです。

 

頭の中の不安や

プレッシャーをなくす

方法の一つに

 

自分の呼吸に

意識することです。

 

先ほどのように

鼻からゆっくり吸って

もっとゆっくり口から吐く。

 

息を吸うときも

吸っている空気を意識する。

 

口から吐き出すときも

吐き出す息に意識を向ける。

 

呼吸に意識が向けば自然と

緊張や不安を忘れることができ

 

リラックスして

プレーができます。

 

一度試してみてください。

 

というわけで

最後まとめていくと

 

「打席で力を抜く方法」

と言うのは

 

力が入りすぎていると

スイングスピードが

遅くなるので

打球が飛ばなくなります。

 

力を抜く7つの方法

①バットを握らない 

②バットを肩の上に置く 

③身体をゆっくり動かす

④打席で思いっきり

 肩や腕に力を入れて抜く 

⑤身体を大きくそらす

⑥ピッチャーを集中して

 みるのでなく

 全体をぼーっと見る

⑦呼吸

 鼻から吸って

 口からゆっくり吐く

 打つときも吐きながら打つ

 

こう言った方法があります。

 

いろいろ試して

自分に合う力を抜く方法を

見つけてみてください。

 

今回の内容を動画で観たい方は

コチラの動画をご覧ください↓↓

 

バッティングは力を抜けば抜くほど

打球が飛んでいく打席での脱力の方法


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ


スポンサーリンク