バッティングで軸足回転で打てるのか?結論!打球を遠くに飛ばせません。

Pocket

野球カウンセラーの沖増茂伸です

 

今回は

バッティングの軸足回転とは

どういう意味なのか?

これについてお話ししていきます。

 

軸足に体重を残して打て!

軸足で回転して打て!

なんて言われます。

 

私も野球少年だったころは

よく言われました。

 

軸足で回転して打て

と言う理由として

 

軸足の内転筋を使って打う

 

軸足を回転させることで

身体も回転できる

 

その結果、強い打球が打てる

と考えられるため

軸足で回転して打てと言います。

 

実際に私も現役の時に

そのように教わり、

 

どうやったら

軸足で回転できるかを考えました。

 

どうすれば軸足回転ができるのか!

結論から言うと

軸足で回転して打つことはできません。

 

前足を上げて

後ろ足で片足立ちになって

後ろ足を軸にして回転すれば

軸足回転はできます

 

しかし、

バッティングの回転運動

と言うのは

 

両足が着いた状態で

回転をするものです。

 

しかも、

力強い打球や遠くに

飛ばそうと思ったら

 

前足と腰の回転運動も

必要になります。

 

むしろ、

前足の回転運動がないと

強くそして素早く腰、骨盤は

回転できません。

 

当たり前ですが片足だけでは

力強いスイングもできないし

打球も弱くなります。

 

と言うことは

バッティングの回転運動は

身体の中心を軸にしなければ

強く素早い回転はできないのです。

 

そう考えると

軸足で回転して

力強く打つことはできないのです

 

また、

よく言われることですが

軸足の母指球で回転しろ

とも言われます。

 

この理由も

軸足で回転する意味もありますし、

 

よく言われるのが

内転筋(内もも)を使うことで

力強い打球が打てると言われます。

 

確かに内転筋(内もも)は

人間の筋肉の中でも

大きな筋肉なので

 

内転筋(内もも)を使えば

大きな力は発揮できます。

 

しかし内転筋(内もも)を

バッティングで使うためには

 

軸足の母指球を

回転させるような動きでは

実際に内転筋(内もも)は

ほとんど使われません。

 

内転筋(内もも)を使うためには

軸足を回転させるような

動きではなく

 

両足の内転筋(内もも)が

くっつくような動きを

しなければいけません。

 

詳しくはコチラの動画で

説明していますので

コチラの動画を参考にして

みてください↓↓

 

バッティングで飛距離を伸ばしたいなら

内転筋と大殿筋を使ってスイングしよう

スポンサーリンク



 

結局のところ

軸足回転の正体は何なのか

 

私の現役の頃の

バッティングフォームと

考え方をお話しします。

 

140キロを超える

キレのあるボールや

 

キレのある変化球

に対応するために

 

あまり目線と身体を

動かしたくないと考えていました。

 

また

身体がピッチャー側に

突っ込んでしまうことを

防ぐために

 

重心を後ろの足(軸足)に

かけています。

 

しかし、

ステップからインパクトに

入っていく段階では

 

前足と左腰の回転も使うので

身体の軸を中心に回転します。

 

この時に軸足に体重は

あまりかけていません。

 

どちらかと言うと私の場合は

前足に体重を乗せています。

 

ヘッドスピードを加速させるために

回転の力を自分の身体の方向に

もっていきます。

 

身体の引っ張りと

逆動作を行います

 

この動きについて

詳しく知りたい方は

コチラの動画を参考にしてみてください↓↓

 

バッティングで力に頼らない

飛ばし方ができる身体の引っ張りと逆動作

スポンサーリンク



このような

身体の引っ張りと

逆動作を行い

 

身体の回転の勢いで

体重が軸足に戻ってきます。

 

この打ち終わった形が

軸足で回転している

と勘違いしているのです。

これが軸足回転の正体です。

 

軸足回転とは

身体が前に突っ込んでしまう、

 

もしくは

突っ込みたくないと考える選手が、

前に突っ込まないように

 

「軸足で回転するイメージ」

のことなのです。

 

もう一度言います。

「軸足で回転するイメージ」

なのです。

 

最後にまとめていくと

バッティングの軸足回転とは

どういう意味なのか?と言うのは

 

結論、

軸足で回転して

打つことはできません

 

片足で打っても

スイングも打球も弱くなります。

 

力強い打球や遠くに

飛ばすためには

前足、腰の回転が必要になります。

 

そのためには

軸足にあった体重を

前足に移す必要があります。

 

前足に体重を移さないと

身体の中心を軸に

回転することはできなくなります。

軸足回転とは何か?

 

身体の引っ張りと

逆動作を行い

 

身体の回転の勢いで

体重が軸足に戻ってきます。

打ち終わった形が

軸足で回転している

と勘違いされています。

身体が前に

突っ込まないように

 

「軸足で回転するイメージ」

のことなのです。

基本的には

身体の中心で

回転できるのが理想です。

 

このことを理解しながら

バッティング練習をしてみてくだい。

 

今回の内容を動画で観たい方は

コチラからどうぞ↓↓

 

バッティングの軸足回転とは

どういう意味なのか?

軸足回転で打球は飛ぶのか?


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ


スポンサーリンク