【送球安定】スローイングが安定しない選手の3つの共通点

Pocket

今回は「スローイングが安定しない選手の3つの共通点」について書いていきます。

 

スローイングが安定しない原因として

 

・シュート回転する

・ボールが抜ける

・指に力が入らない

・指に力を入れる感覚が分らない

 

など言われます。

 

その原因が指先にあると考える人が多くいます。

 

しかし、送球が安定しない原因は指先ではありません。

 

改善練習として、握力を鍛えたり、指の使い方や肘や肩の位置を修正しますがそれだけでは効果はありません。

 

シュート回転したり、抜けたりする原因は指先だけでなく他のところもあります。

 

ではどこに原因があるのかと言うと私が見たり、教えてきた中でスローイングが安定しない選手の3つの共通点

 

①焦りすぎ(メンタルも含む)です。その結果、下半身を使って投げれない

 

②肘から投げようとします。肘を痛める原因になります。

 

③ボールを投げる位置が分っていない

 

これがスローイングが安定しない選手の3つの共通点です。

 

スローイングが安定しない選手の原因として

 

①焦りすぎ(メンタルも含む)

 

焦りすぎる選手は、投げるのに焦って身体が前に突っ込みすぎます。

 

焦って身体が突っ込むと下半身を使えないので体重移動・ステップができません。

 

そうなると肘・腕が出てこなくなるので手首、指先に力が入るポイントで投げれなくなります。

 

指先の力が抜けると当然、ボールが抜けるシュート回転してしまいます。

 

②肘から投げようとする

 

肘から出せと指導する方もいますが、肘から出すと肘が下がりやすくなります。また肘が下がって投げるとケガをする可能性が高くなります。

 

肘が下がった状態で投げると指先に力が入るところで、投げれないので先ほどと同じようにボールが抜けるシュート回転してしまいます。

 

③ボールを投げる位置が分っていない

 

送球が安定しない選手は投げる位置がバラバラです。

 

ボールをこの位置で離せばこのあたりに投げられる、と言う感覚が分かっていません。

 

送球が安定している選手は、ボールをこの位置で離せばこのあたりに投げられると言う感覚があります。

 

私もいまだにこの感覚は残っています。

 

スローイングが安定しない選手がスローイングを安定させるためにはどうすればいいのか、どうすれば回転の良いボールを投げられるようになるのか

 

・肩や肘を意識するのでなく体重移動

 

・軸足にしっかり体重を乗せる

 

・投げれる体勢になってから投げる

 

・しっかり足を使ってステップ

 

こういったことをしっかり意識して練習すればスローイングも安定します。

 

ただし、練習をする前、投げる前に必ずやってほしいことがあります。

 

野球選手にとって重要なのは、肩や肘だけでなく土台になっている

 

胸の周りの筋肉や関節、肩甲骨周りの筋肉や関節この動きが大きな役割を持ちます。

 

この辺の解剖学的な詳しい話は今回はしませんが

 

胸の周りの筋肉や関節、肩甲骨周りの筋肉や関節

 

これらが正しくしっかり動かないとケガをする危険性が非常に高くなりますし、安定したスローイングはできません。

 

スローイングだけでなくバッティングでも、胸の周りの筋肉や関節、肩甲骨周りの筋肉や関節、これらの動きは大事になります。

 

キャッチボールやバッティングの前には必ず

 

胸の周りの筋肉や関節、肩甲骨周りの筋肉や関節これらをしっかり動かすための準備運動を取り入れてください。

 

しっかり動かすための準備運動として「胸郭の動かし方」「胸郭のストレッチ」「肩甲骨の動かし方」と検索すればたくさん出てきますので参考にしてみてください。

 

では、実際にスローイングが安定しない選手がどのような練習をすればいいのか練習方法についてはこちらの動画をご覧ください↓↓

スローイングでシュート回転や抜けた送球がなくなる投げ方練習方法

現在「オキシゲの部室」という会員限定の動画コンテンツを配信しております。 

 

バッティングや守備はもちろん、足を速くする方法や、身体作りなど野球上達のための動画や音声を配信しています。 

 

また皆さんからの質問に動画や音声で答える企画もありますので興味のある方は是非、概要欄を覗いてみてください↓↓ 

オキシゲの部室の詳細はコチラから

 

それでは、今回は以上にします。


サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ

 

SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ


 

スポンサーリンク