<間違いだらけの野球教室>雨の日の試合について

Pocket

 

<間違いだらけの野球教室>雨の日の試合について

 

先週の日曜日は雨のため草野球が中止になりました。朝から結構降っていたし、予報では1日雨が降る予報だったので中止は当然だろうなと言う思いでした。しかし、この土砂降りの中、試合をしている草野球チームや少年野球チームがいることをSNSなどで知りとても驚きました。なぜ、この雨の中で試合をやるのか?試合をやるメリットはあるのか?本当に不思議でなりません。

 

 

雨の中での試合にはデメリットだらけです。雨の中で試合をしている子どもたち、お父さん、お母さんたちは雨に濡れて風邪を引いてしまいます。風邪を引いたら次の日からの学校や仕事などに影響が出てしまいます。そんなことをしてまで雨の中で試合する意味はあるのでしょうか?

 

 

そして私が雨の日の試合が一番嫌いな理由は何と言っても怪我です。雨の日はどうしても集中力が途切れます。集中しようと思っても降り注ぐ雨に気を取られますし、グラウンド状態も悪いとそちらに気を取られてしまいます。集中力が切れた中で試合をすると本当に怪我をしてしまいます。

 

 

実際に私も小学生から社会人まで野球をやってきた中で雨に日に怪我をする選手は多くいます。集中力が切れた瞬間や集中力が切れなくても突発的に起こります。バッターがスイングした時に雨でバットが滑り、飛んでいったバットが選手にあたり大ケガをしたり、雨でボールが滑りデットボールや送球ミスで選手にあたり怪我をしたり、スライディングをして滑りすぎて勢いがつきすぎてベースで骨折するなどいろいろなケースでの怪我を見てきました。

 

 

私自身、雨の日の怪我は幸いありませんでしたが、私は雨の日は集中力が切れたりするのでバッティングフォームなど崩してしまうことが多かったです。打席での立ち位置や感覚を大事にしていたので雨でグラウンド状態が悪いときはその感覚がつかめないし、下半身を使ったバッティングができなくなります。そのためフォームを崩したり、調子を下げてしまう原因になったのです。

 

 

こう考えるとメリットは本当に無いと思います。プロ野球や社会人野球は大会などの日程が決まっていますし、それが仕事ですから少々の雨でも決行しなければいけない試合もありますが、仕事でもない、好きでやっている野球で怪我をするリスクを背負ってまで試合をする必要性はあるのでしょうか?私は無いと思います。

 

 

それでなくても子どもたちは毎週、土曜日、日曜日は練習や試合で潰れてしまうのですから、雨が降った時ぐらい土曜日や日曜日を友達と遊ぶ時間に使ったり、ゆっくりする時間に使ったりするために時間をあげてください。そしてお父さん、お母さんにもゆっくり過ごす時間をあげてください。

 

 

これからの季節は梅雨の時期に入ってきます。この雨の季節にどのように試合をするのか?雨の日を待ち望んでる子どもやお父さん、お母さんもいるはずです。そう言ったことを考えながら試合を決めてみたはいかがでしょうか?

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

——————————————————-

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

——————————————————-

★おわりに

 

先日、とある県に行ってバッティング教室をしてきました。せっかく県外に行くので1日だけのバッティング教室だと物足りないと思い2日間バッティング教室をすることにしました。2日間にして正解でした。1日だけでは伝えたいことも伝えれないし、あんな可愛い笑顔を見ることはできなかったです。

 

教えた子どもは中学生で、小学生の頃は長距離を打てた選手です。しかし、中学生の現在の指導が上から叩け、最短で出せ!と言う指導になりバッティングがおかしくなったそうです。そこで私に依頼が来たのですが、その子のスイングを見て打てなくなるのが納得できました。

 

 

打てるようなアドバイスをしたら簡単に打球が上がるようになるし、強い打球が打てるようになるのです。もともと打撃センスはある子だったし、長距離バッターになれる能力は持っているので少し教えれば打てるようになるのは当たり前なのです。

 

 

私が何より嬉しかったのはその子が笑顔になっていくことが嬉しかったのです。だんだんと打球も上がり強い打球を連発で打てるようになるとものすごく笑顔になるのです。そりゃーそうですよね。楽しいんですもん。本当に野球が好きな人が出す笑顔って最高です。私まで嬉しくなるし楽しくなってきます。

 

 

こう言った楽しくて嬉しい笑顔がたくさん増えるように私も、もっともっと精進していくと強く思えたバッティング教室になりました。

 

——————————————————-

 

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

家庭の経済的な理由で子どもに野球を辞めさせたくないと思っているあなた