<間違いだらけの野球教室>打球を身体で止めろについて

Pocket

<間違いだらけの野球教室>打球を身体で止めろについて

 

 

内野手でエラーをしたりすると「身体で止めろ」と言った声をかける監督、指導者がいます。私も言われていましたし、社会人でもそう言ったことを言っていました。

 

 

身体で止めればたとえアウトにならなくても「ナイスプレー」と言われていました。今でもそのように考えている監督、指導者もいるんではないでしょうか?でも。これっておかしいですよね?アウトにできていないのだから「ナイスプレー」ではないですよね。アウトにできていないのになぜ「ナイスプレー」なのでしょうか?

 

 

身体で止めろとよく言われるポジションにサードがあります。サードはホットコーナーとも言われ主軸を打つようなバッターの強烈な打球が三塁線を襲います。その打球が三塁線を抜けると長打に確実になります。三塁線を抜けて長打になることを防ぐために身体で止めろと言います。たとえアウトにできなくても身体で止めることで長打になることが防げるので長打にならずに1塁でランナーを止めたことに対しての「ナイスプレー」なのです。

 

 

あとはよく意味の分からない「気合・根性論」です。気合、根性をよく見せたと言う「ナイスプレー」なのでしょうか?私には全く意味が分かりません。そもそも気合や根性が怪我をさせ、守備を下手にしていくのです。

 

 

私が、身体で止めることを絶対に進めない理由は2つあります。

 

 

1つ目は怪我をするからです。当たり前ですが硬式はもちろん軟式だって当たれば痛いです。大人の私達でも痛いのですから子どもが当たったらもっと痛いですよ。当たり所が悪ければ骨折しますし、それ以上の怪我になる危険性があります。野球ができないぐらいの大けがになる危険性があるのです。

 

 

身体の傷は男の勲章?馬鹿言っちゃいけませんよ。そんなもの勲章でもなんでもありませんよ。勲章だの勝つためだのと言って親からもらった身体を気づつけてはいけません。ちなみに野球をして怪我をする。例えばスライディングをしてすり傷を作る、ヘッドスライディングをして手や胸にすり傷を作る、素振りなどをして手に血豆ができる。こう言った事って「私は野球が下手です」と言っているようなもんです。

 

 

ヘッドスライディングは危険がたくさんあるのでお勧めはしませんが、ヘッドスライディングをして手や腕、胸などにすり傷、またはスライディングをして足にすり傷を作ると言うのはスライディングの仕方が下手くそなのです。その分、スライディングのスピードが落ちますのでアウトになる確率も上がります。

 

 

また、素振りやティーなので手の平に血豆を作る選手もいますが、これだけ振っていると言う勘違いをして自己満足になりますが、血豆ができる、手の皮が擦りむけること自体、手や腕に余計な力が入って上半身に頼ったスイングになっている証拠なのです。正しいスイングをしていると変なところに血豆ができることはないのです。

 

 

話の最初の方にも書きましたが、社会人時代にも言われたと書きました。やっぱり社会人でも身体で止めるんじゃん!と思った人もいるでしょう。そりゃ身体で止めますよ。負けたら終わりなんですから。勝てば天国、負けたら地獄と言う世界でやっているのですから負けたくないですからね。身体で止めてでも勝ちたいんです。そういう野球観ですから。子どもたちはどうですか?勝てば天国負けたら地獄の世界で野球をやっているのですか?私は違うと思います。勝っても負けても天国の世界で野球をやっていると思います。それなら無理して身体を傷つける必要はないじゃないですか。

 

 

それに、社会人でも身体で止めると言いましたが、私たちは身体で止めますがちゃんと身体のどこに当てれば痛くないのか?どういうタイミングで身体に力を入れるのか?と言うことが分かっているのです。それにもっと上手な選手が身体ではなくグローブを使って身体で止めます。

 

 

いくら身体を鍛えているからと言っても、骨の付近に当てると折れることは分かっていますし、関節などに当てたら次のプレイに支障が出ます。だから大胸筋あたりに当てます。私は痛いのが大嫌いなので身体に当てて止めることはしません。グローブと言う身体を守る最高の道具があるのですからそれを使います。グローブは捕るだけの道具ではなく身体を守る道具でもあるのです。それを上手に使えば身体を痛めることなく打球を止めることができます。

 

 

そしてもう一つに理由が、身体で止めることを考えると守備が上手にならないからです。バウンドが合わなければ身体で止めればいい。早い打球は身体で止めて前に落とせばいい。こういう考えで守っていれば守備は上手くなりません。どんな打球でもどんなに早い打球でも自分が一番取りやすくアウトにできる確率が高い形で捕ることがいいのです。いわゆるグラブさばきです。このグラブさばきが上手くなればバウンドが合わなくても身体で止めるのでなく確実にグローブで捕ることができるのです。

 

 

私はいつも言っていますが、ボールから逃げててもいいし、横を向いてもいいからとにかく打球に対して正面に入らないようにしましょう。また正面とは皆さんが思っている正面だけが正面ではないのです。この違いについては動画でも言っているので私のホームページから動画を観てください。

 

 

いつもガチガチでどっしり守っているよりもダラーっと力を抜いて守った方が良いパフォーマンスが出せますよ。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

——————————————————-

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

——————————————————-

★おわりに

 

先週の日曜日は私が所属する草野球チームのリーグ戦でした。対戦相手は毎年、1位2位争いをする強豪チーム。乱打戦が予想されましたがお互いエースナンバー18を背負った投手戦になり久しぶりに緊張感のある試合になりました。結果的には1対1の引き分け。上位チームに引き分けだから良い試合ではありましたが個人的には悔しい試合になり練習不足を実感しました。もっとバット振って身体動かして走って腹筋を鍛えないと投げれない打てないです。たかが草野球ですが、やっぱり悔しいですよ。真剣にやっているからこそ自分が思っているプレーができないと真剣に悔しがりどこがいけないのか考え、できなかったことをできるようになるまで反復練習してしまいます。社会人選手時代には当たり前のことでしたが、久しぶりにこんな気持ちになりました。悔しくて悔しくて仕方なかったので試合後そのままバッティングセンターに行って打ち込んできました。普段は子どもたちに教える立場ですが今回は私自身が教わる立場でバッティングしました。ただ、教えてくれる人がいないので自分で動画を撮り自分でチェックし修正しました。動画をチェックしましたが、やっぱりスイングの切れが悪い、スイング軌道がおかしい、腰の回転が上手くできてない・・・などたくさん修正箇所が見つかりました。まだまだ甘いな~

 

動画を乗せるので誰かアドバイスしてください。

バッティングフォーム

 

バッティングフォーム(スロー再生)

——————————————————-

 

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

家庭の経済的な理由で子どもに野球を辞めさせたくないと思っているあなた