<間違いだらけの野球教室>打てないのは練習が足りない!について

Pocket

<間違いだらけの野球教室>打てないのは練習が足りない!について

 

私が行っているバッティング教室に初めて来る子どもやお父さん、お母さんから必ずと言っていいほど質問してくる言葉があります。「試合で全く打てないし、練習をしているのですが打てるようにならないんです。どうしたらいいのでしょうか?」「どのような練習をしたらいいのでしょうか?」

 

 

指導者のあなただったらどのように答えますか?「バッティングセンターでたくさん打ってください」とか「家でも素振りをしてください」と言うアドバイスをしますか?

 

 

ではバッティングセンターでたくさん打つにしても「遅い球を打った方がいいのか?」それとも「打ちやすい球を打った方がいいのか?」と聞かれたらどのように答えますか?「ボールをしっかり見るために遅いボールで打ちましょう」とアドバイスしますか?

 

 

私はいつもこのように聞かれると「分かりません」と答えます。当然質問したお父さん、お母さんは「えっ?」と言う顔をします。皆さんも「えっ?」と思ったはずです。正直どのような練習をしたらいいのかなんて分かりませんよ。なぜかって?そりゃそうですよ!その子どもがどのようなスイングをしているのかも分からないし、いいところも分からないのに、最初っから「素振りをしてください」とか「こう言う練習をしてください」と言う無責任なことは言えませんよ。

 

 

昨日も初めてバッティング教室にきた子どもとお母さんとお話ししました。「試合で打てないんです」と、当然の質問をしてきましたので「まずはバッティングを見ましょう」と言うことでさっそく、打ってもらいました。お母さんとお話ししながら「なるほど」と思おうことがたくさんありました。今、通っている少年野球チームでは帰ってからも素振りをすることを言われているそうです。だから家に帰っても毎日素振りはしているものすごくまじめな子どもです。バッティングセンターでも遅い球で練習した方がいいと思い、遅い球を打つ練習をしていました。

 

 

実際に打っているスイングや構え方などを見ましたが、この子はいいスイングしているし、間違いなく打てる選手になれると思うほど素晴らしい素質を持っています。

 

 

では、なんで試合で打てないのでしょうか?この子の場合は自分のスイングスピードが速いことが分かっておらず小学生低学年の投手が投げるスピードが遅すぎるのでポイントがものすごく前(投手側)になり、当てるだけのスイングになってしまうためフラウのアウトが多いのです。だから私は小学低学年には早いと思われる95キロのゲージに入って打つように指示しました。「打てなくてもいいから思いっきり振って」と言い打席に入ってもらいました。

 

 

当然、ヒット性の打球はもちろん前に飛ばすことはできませんでしたが、私の狙いはそんなところにありません。ファールチップになっても空振りになってもそんなことは関係ありません。私は、その子のスイングレベルを知りたかったのです。

 

 

遅い球に対して打てなかったのは待ち切れないため体重が前に突っ込んでしまいスイングが波を打つ感じで当てただけのバッティングになっていましたが、速い球になれば、下半身を上手に使いヘッドが効いているスイングになっているのです。ものすごく理論に沿ったスイングになっているのです。カッコいいスイングなのです。

 

 

だからこの子の場合は遅い球を打つ練習はしないように言いました。しかも、速い球で打つのも今はしなくていいですとも伝えましたし「素振りもしなくていいです」とも言いました。当然、子どもやお母さんは「えっ」ですよね。

 

 

少年野球では「素振りが大切」と言われて毎日、続けてきたのですから「素振りもしなくていい」と言われたら「じゃどうすれば?」になりますよね?この後のアドバイスの仕方が「他の指導者と違う」と言われているところなのですが、普通に考えたら当たり前だと思うし、野球の経験(野球の経験とはただ単に何年間、野球をやってきましたと言う経歴ではなく、どうすれば上手くなるのか悩んで、考えて、いろいろ試しジタバタした期間の経験のことです)が長いのでいろいろなアドバイスや練習方法を伝えることができるのです。

 

 

「素振りを1日200スイングはしろ!」「打って打って上手くなる」なんていう理論も理屈もない身勝手な発言はしません。素振り1日200スイングをノルマにした指導者が付きっきりで200スイング見てくれるのであれば問題ありませんが、選手のスイングがどうなっているのか分からないのに200スイングさせたらどんどん打てなくなりますよ。私は今日、初めて来た子どもと、お母さんにはハッキリ言いました。「今のスイングで素振りを毎日してたら打てなくなりますよ」

 

 

もちろん、なぜ打てなくなるのかもちゃんと理由を説明してあげます。この子の場合は先ほども言いましたが自分のスイングスピードが速いのに気づいていないことと、最大の問題点は、自分がどこでボールを打っていいのか分かっていないのです。いわゆる自分が打てるミートポイントが目、頭、身体が分かっていないのです。自分の力が100%出し切れるポイントを分かっていないので、いくら素振りをしても、いくらバッティングマシーンを打っても、打てる選手にはならないのです。

 

 

だから、素振りもやめて今は自分がどこで打てばいいのか?と言うミートポイントを探す練習から始めた方が打てる選手への近道なのです。ここでもよくある質問ですが「ミートポイントはどこですか?」これも指導者のあなたならよく聞かれる質問ではないのでしょうか?へその前?ホームベースの真ん中?いろいろ言われていますが、結論から言いますと選手によって全く変わってきます。その選手の体格、スイング、筋力、そう言ったものをすべて読み取り選手にアドバイスをするのです。

 

 

指導者がミートポイントは「ここ」と教えてしまうと子どもは考えなくなってしまいます。なぜ、ここがミートポイントなのかも説明しながらどうすればこのミートポイントで打てるのかを指導者が考え子どもに考えさせながら練習をしてくのです。

 

 

こう言った子どもたちの能力、スイング、良いところ、修正するところ、そう言ったことを考えながら練習メニューは決まってくるのです。打てないからと言って「素振りが足りないから毎日しろ」とか「とにかく打ち込め」などと選手の技術を無視した指導方法では決して子どもたちの能力を伸ばすことはできません。

 

 

もっと子どもたちが楽しくなるような、また明日も練習がしたい、野球が大好きと言える環境づくりを私たち野球に携わる大人たちが作っていきましょう。グラウンドに大人たちの大きな声はいりません。大切なのは子どもたちの笑顔と笑い声です。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

——————————————————-

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

——————————————————-

★おわりに

先日、ナゴヤドームで行われた女子プロ野球の開幕戦を見に行ってきました。初めて女子プロ野球を観戦しましたが応援席にはたくさんの少年、少女野球が見に来て一生懸命に応援している姿をみてなんだか胸が熱くなりました。特に少女たちが応援している姿をみて、もっと女性が野球をする環境が増えて大人になっても野球選手はもちろんですが野球に携われる仕事に就くことができたら面白いなーと考えていました。

 

野球は男子のスポーツ!と昔ながらの考え方もいます。一昨年ですかね?甲子園の練習で女子マネがグラウンドに入ることがダメみたいな記事が取り上げられましたが、私から言わせたら「何を言ってるんだ!女子マネがいたから球児たちは頑張れてこれたんだよ」と思います。

 

 

今は女子プロ野球チームも4チーム(うち1チームは育成チーム)ですがもっとチーム数が増えて女子プロ野球が盛り上がって欲しいものだと思います。まーそれを実現するには女子の野球人口がもっと増えることが大事なのですが、野球できる環境作りが大事ですよね。どうしてもプロや社会人となるとお金が関係してきますからね。収益性の無いチームを作ろうと考える企業もないでしょうからね。悲しい現実ではあります。

 

 

宝くじ当たったら女子プロ野球チーム作ろうかな!

 

 

——————————————————-

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

庭に防音付きバッティングゲージとバッティングマシーンが欲しいと思っているあなた