<間違いだらけの野球教室>相手をヤジれについて

Pocket

<間違いだらけの野球教室>相手をヤジれについて

最近はずいぶんと少なくなってきたけれど、それでも試合中にヤジを飛ばしてくる選手もいるし、中には全員でヤジを飛ばすチームもある。きっと監督や指導者がそう教えているのだろう。

私が少年野球をやっていた時代はベンチ前にみんなで並んでヤジを飛ばしていた!歌まで作ってヤジを飛ばすチームもあった。

「ピッチャービビってるよ」「ストライクはいらないからバットいらないよ」「バッター打てないよ」「振ってこないよ」などなど・・・

一人のピッチャーやバッターに対してチーム全員でヤジってしまう。大人数で一人を攻撃するなんてそんな卑怯なことスポーツマンのすることではない!

いったいヤジって何がいいのだろうか?

「相手の選手が動揺してくれる?」「頭に血が上って冷静な判断ができなくなる?」「イライラしてくれる?」

してくれないでしょ!仮にしたとしてもそんなことで勝ってもうれしいですか?私はそんなことしてまで勝ちたいとは思わないです。

私が監督だったらヤジを言った瞬間に試合を辞めますね。そして相手チームの監督さんに厳しく言います。「子どものころから口撃を教えるから大人になっても相手を平気で傷つけるようなことを言うんです。あなたはそんな子どもたちを育ててるんですか?」

同じ声を出すなら自分のチームのために出すとか、試合の流れを変える声を出す方がスポーツマンらしいと思います。

それ以外の声は私は必要ないと思います。無駄な声を出すぐらいなら頭の中で試合を整理して考えるとか、自分の行動を考えるために使った方がいいです。

私の野球経験の中でたくさんのヤジを言われてきました。私自身はヤジを言われようと全く気にすることも言い返すこともなかったです。言い返すぐらいなら結果でお返ししてやる!気持ちの方が強かったです。

だいたい、ヤジを言うような選手は試合に出れない選手が多いのです。私の野球経験の中でもほとんどが試合に出れない選手がヤジを言ったり言い返したりしていました。だからレギュラーになれないのですよ。

ヤジを言う選手もそうですがヤジを言っている選手を許している監督、指導者、お父さん、お母さんはもっと許せないです。

ヤジを言う=悪口を言う、嫌なことを言う。それが当たり前になってくると、先ほども書きましたが大人になっても人の悪口を言う、自分の思い通りに行くために周りの人を傷つけたりけなしたりする。

そんな大人になって欲しいですか?

私は野球をやっている子どもたち全員が、大人になって社会で活躍できる人材が育って欲しいと思います。そのために少年野球を教えているのだと思っています。決してプロ野球選手に育てるためでも、甲子園に行くためでも、勝つためでもありません。

少年野球を通じて野球が大好きになり、楽しく、長く野球を続けてもらい、大人になっても野球に関わってもらいたいと願っています。

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

 

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた