<間違いだらけの野球教室>空振りするのはボールを見ていないからについて。

Pocket

<間違いだらけの野球教室>空振りするのはボールを見ていないからについて。

空振りが多い選手や三振が多い選手をアドバイスするときにどのような言葉をかけるでしょうか?

「バットとボールが当たる瞬間までボールを見ろ」と言ったアドバイスが多いのではないでしょうか?

「バットに当たる瞬間までボールを見ろ」とアドバイスをすれば昨日のブログにも書きましたがしっかり見ようとして両目で見ようとして顔が正面を向くため身体が開いてしまいます。そうすると余計に空振りが増えますし、バットに当たったとしても凡打が増えます。

しかも小学生や中学生に「当たる瞬間までボールを見ろ」と言っても理解できますか?なぜ当たる瞬間までボールを見るのか?子どもたちに教えれますか?

そもそも「当たる瞬間までボールを見ろ」と言うのはプロ野球選手や社会人野球選手、大学野球選手にアドバイスして効果はあるというものです。

レベルが高くなればなるほどストレートの速さも増し、変化球も多く、変化球の切れも良いためしっかりとボールを見ないとそれこそ空振りしてしまうのです。(ほかにも理由はありますが)

少年野球で言う「当たる瞬間までボールを見ろ」とプロ野球選手や社会人選手などに言う「当たる瞬間までボールを見ろ」は同じ言葉ですが全く意味合いが変わってくるのです。

「当たる瞬間までボールを見ろ」と言われプロ野球選手や社会人選手は意味を理解できますが(個人個人によってとらえ方が全く違ってきます)子どもたちに言うと全員が同じようにボールを見てしまいます。

なぜかというと意味を理解していないからです。

では空振りが多い選手をどのようにアドバイスし練習させればいいのでしょうか?

素振り?とにかく数を振らす?バットスイングの軌道修正?気合?根性?

いくらバットスイングの軌道修正をして理論に合った打てるスイングをしても空振りする選手はします。

空振りが多い選手は素振りはしない方がいいです。

小学生・中学生で空振りが多い原因はボールを見ていないことではなく明らかに前から来るボールに目が慣れていないだけなのです。

ただそれだけなのです。

前(ピッチャー)から来るボールに対してどのような軌道でボールが来るか目が慣れていないため頭が理解できず身体が反応できないのでバットが振れない。振ったとしても空振りになるのです。

この答えに対してどう思うかわかりませんが、私の経験で言えば「目の慣れ」しかないのです。「当たる瞬間までボールを見ろ」や「スイングの軌道修正」が正しいのでは?という意見も出てきそうですが。

実際に私が試した例を紹介します。

打てる理論とは真逆のスイングをし、打つ瞬間に顔をレフトスタンドの方を向いて打つスイングをします。いわゆるあっち向いてホイ!のスイングです。

100キロのストレートに対して理論とは真逆の打ち方をした場合、空振りをすると思いますか?

実際にこの記事を書くためにバッティングセンターに行って試してきました。かなり変なスイングで打っているので恥ずかしさはありましたが、実際にやっていないことを机上の空論で語るの人たちと一緒にされたくないので打ってきました。

結果・・・もちろん空振りすることはありませんでした。その代わり理論とは真逆の打ち方なのでヒット性の当たりは少なかったですが・・・

なぜ空振りがなかったのか。それは毎日毎日、何時間もピッチャーが投げる球(140キロ)を見てきましたし、マシーンから来るボールを打っていたので目が慣れているのです。

目が慣れているので100キロのボールに対して「どのような軌道を通ってボールが来てここで始動すればバットは振れて当てることができる」というのを目を通して頭が理解して身体が反応するようになっているのです。

私の話はこれぐらいにして、空振りが多い選手にはまず、素振りだけをするのはやめましょう。

空振りを少なくする練習方法としては、とにかく前から来るボールに目を慣らすことなのでキャッチボールをするとか、トスバッティングをする。バッティングセンターで目を慣らすなど工夫すればいくらでもあります。

野球をするには「目」は非常に大切になります。「目」のトレーニングや視力矯正をするなどして練習に取り組んでください。

ちなみに私は現役時代に野球をするときだけコンタクトをつけて練習や試合をしていました。

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた

子どもに野球をずっとやらせてあげたいけど今後のことを考えるとお金のことで不安を感じているあなたへ