<間違いだらけの野球教室>ボールをよく見て四球を選べについて

Pocket

<間違いだらけの野球教室>ボールをよく見て四球を選べについて

初球から手を出したら「ボールをしっかり見ろ」「四球を狙え!」なんて言われたことを思い出します。

そんなこと言われた選手は初球から絶対に手を出さない。2ストライクになるまで手を出さず追い込まれてから難しい球に手を出し簡単にアウトになってしまう。

なんともったいない打席で面白くない野球だったんだろうか!!

「ボールをしっかり見る」ことについては「その通りだ」と言う人もいるだろう。しかし私から言わせたらボールをしっかりと見ていたら打てない。

なぜ、ボールをしっかり見たら打てないのだろうか?ボールをしっかり見ないと打てない!という声も聞こえてきますが、何も目を閉じて打てと言っているわけでもないですし、片目で見ろと言っているわけでもありません。

ボールをしっかり見ろと言われたらどうやって見ますか?質問を変えましょう。自分の左肩をしっかり見てください。しっかり左肩を見てください。もっとしっかり見てください。

見ましたか?しっかり左肩を見たときに両目で見ましたよね?しっかり見ようとすると両目で見ますよね?両目で左肩を見たときに右肩はどうなっていますか?

両目でしっかり見ようとすればするほど右肩が動いていませんか?右肩が動いていると言うことはバッティングで言えば右肩がピッチャーの方に向いていることになります。

これが身体が開くと言います。しっかり見ようとすると人間は両目で見ます。すると顔が早くピッチャーの方を向いて、左肩が開いてしまう。左肩が開くと言うことは右肩が前に出てしまうので軸足に体重を乗せたスイングができなくなります。

身体が早く開いてしまわないためにもボールは横目で見るようにする。横目で見ることで身体が開かず体重が軸足に残ったままになる。

体重(力)を軸足に残していればバットを力強く振れるし、ボールを遠くに飛ばせるようになる。

さらに最初から四球を選ぶことを考えていたら、バットを出すのが遅れてしまう。

四球狙いを考えて「ボールを見ていけ」「ボール球には手を出すな」と声をかける指導者も多いと思うが、そんなことを言われたら選手は「振ってはいけない」と思ってしまいバットを振ることにビビってしまう。

四球を選ぶ野球をするのは高校生になってからやればいい。むしろ高校生でも考えなくてもいいんじゃないかなと思う。

別に学校からお金をもらっているわけでもないし、甲子園に行ったからと言って報奨金がもらえるわけでもないのだから。

特に小学生、中学生は打てると思ったら初球から打っていけばいい。どんどん振っていった方が野球は楽しい!

もし、初球から打って指導者から「なぜ初球から打った?」と言われても「打てると思ったからです」と自信をもって言えるようになろう。

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた

子どもに野球をずっとやらせてあげたいけど今後のことを考えるとお金のことで不安を感じているあなたへ