自分らしく生きるとはどういうことなのか

Pocket

こんにちは。

野球カウンセラーの沖増です。

 

先日のラジオ配信で話した内容を

ブログに書きました。

 

音声で聞きたい方は、

コチラのstand.fmのアプリで

ぜひお聞きください↓↓

 

「自分らしく生きるとはどういうことなのか」

 

私は自分らしく生きる、

自分の本音に従って行動できれば

もっと楽に生きられる気がします。

 

じゃ自分らしく生きるとか、

自分の本音に従うって

どういうことなのか。

 

私の経験をお話ししていくと、

 

今まで私は誰かに

認めてもらうために行動したり、

 

誰かに評価されるために

発言をしてきました。

 

これをやったら褒められる。

 

こんなことを言えば

すごいと言ってもらえる。

 

こういう行動をすれば

評価される。

 

そんなことを考えていました。

 

それがすべて悪い

ということではありません。

 

他人から評価されること、

 

そのために

行動することが好きで、

幸せと感じられるのであれば

問題はありません。

 

本当は試合で疲れたから

試合後に練習はしたくないけど、

監督の目があるから

練習しなければいけない。

 

本当は自分のために

結果を出したけど、

 

「チームのために犠牲になります」

と評価されるようなことを言う。

 

誰かのために、

お客さんのために、

家族のために。

 

誰かのために行動することは

素晴らしいことだし、

勇気や力が出ることもあります。

 

しかし、

自分の気持ちに

嘘をついてまで、

 

誰かのために行動していたら

何のために生きているのか、

何のために仕事をしているのか、

 

誰のための野球なのかを

見失ってしまいます。

 

他人の人生を

生きてしまいます。

 

そんな私がどうやって

自分らしく生きる、

 

本音に従って

行動しているのか。

 

よく勘違いされるのですが、

自分らしく生きる、

自分の本音に従うということを

 

「好きなことする」

「楽しいことをする」

「やりたいことをする」

 

と思われますし、

よく言われます。

 

確かに好きなことをしたり、

楽しいことをすることも

 

自分らしく生きることに

間違いはありませんし、

 

私も好きなことや楽しいこと、

ワクワクすることを

するようにしています。

 

例えば

私は釣りが大好きですし、

カラオケも大好きです。

 

野球をすることも、

野球の練習をすることも

大好きだし、

 

仕事も私が楽しいと

思えることしか仕事はしません。

 

人間関係も同じです。

 

だから好きなこと、

やりたいことをすれば

自分らしく生きられる

 

と思ってしまいますが、

そうではないのです。

 

いくら魚釣りが大好きでも、

寒い日には

行きたくないですし、

 

雨の日はなおさら

行きたくありません。

 

カラオケも好きですが

毎日行けと言われると、

ちょっと楽しくなくなります。

 

野球をすることも

練習をすることも

 

疲れたり、身体が痛いと

練習をする気になれません。

 

いくら好きな相手でも

気分が乗らないときもあります。

 

面倒くさいときだって、

やる気が起こらないときだって、

 

誰にも会いたくないときだって、

何もやりたくない

ときだってあります。

 

そんな気持ちの時は、

好きなことですが

 

「何もやりたくない」

 

と言うのが

私の素直な気持ちです。

 

もっと言うと

「何もやりたくない」

 

と言いうことが

私のやりたいことなのです。

 

人間と言うのは

感情の生き物なので

 

1日で何回も何回も

気持ちが変わることがあります。

 

さっきまでは

やりたかったけど、

今はやりたくない。

 

さっきまで

これを食べたかったけど

今はそんな気分じゃない。

 

と言うことは多くあります。

 

あなたも何回も何回も

気持ちが変わることって

あるのではないでしょうか。

 

私はよくあって、

今日は朝からランニングして、

トレーニングして、

 

ブログ書いて、

ラジオ収録して、

動画の台本を書いてと

 

私がやりたいことを

やる日もあれば、

 

今日は朝から

何もしたくないから寝るとか、

 

今日は昼からブログ書いて、

ラジオ収録する予定だったけど

カラオケに行こう。

 

みたいに

その時その時によって

私がやりたいことが

変わっていきます。

 

気持ちが変わるたびに

今、私がやりたいことを

やっています。

 

何もやりたくない気持ちも

自分の本音だし、

 

カラオケに行きたいのも本音

 

仕事したくない自分も本音

 

やる気がある気持ちも

私なのです。

 

すべて私の本音なのです。

 

なので自分らしさ、

自分らしく生きる、

本音に従う

 

というのは

その時の気分によって

変わってきます。

 

むしろ変わっても

いいものだと思っています。

 

そのぐらいの

軽い気持ちがないと

 

せっかく

自分らしく生きると決めても

 

「こうでなければならない」

「こうあるべき」

 

と余計に息苦しさを

感じてしまいます。

 

例えば、

仕事をしなければいけないのに、

 

何もやる気が起こらない

自分はダメだ。

 

とか、

 

何もせずに寝てしまう

自分はダメだ

 

と思わないことです。

 

自分の気持ちに従って

行動しているのであれば

いいのです。

 

逆に自分の気持ちに従わず

行動してもあまりいいことは

ないと思います。

 

私は自分の素直な気持ちに

従わず行動した結果、

よく失敗しました。

 

こんなことなら

仕事しなければよかった

 

無理して人に

会わなければよかった

 

ケガをするぐらいなら

練習するんじゃなかった

 

なんてことよくありました。

 

毎日ポジティブに

生きなければいけない。

と言う必要もありませんし

 

毎日ワクワクしながら

生きる必要もありません。

 

いくら好きなことでも、

どんなにやりたいことでも

 

気分が乗らない、

やる気が起こらない

というときはあります。

 

自分がやりたくない

と思えば

やらなくていいのです。

 

それが自分らしく生きる、

自分の本音に従うこと

だと私は思います。

 

「今」この瞬間の気持ちを

素直に感じ取ってみてください。

 

その時の

素直な気持ちに従って

自分が望むことを

してあげてください。

 

そのように生きていけば

楽になれますし、

幸せを感じやすくなります。

 

私も毎日、

自分の野球理論に磨きをかけるために

研究と練習しています。 

 

そして

自分の人生と向き合い、見つめなおし

勉強と実践をしていますので参考として

 

私のYouTubeやTwitterなどを

見ていただけたらと思います。 

 

それでは、今回は以上にします。


 

SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ