外野手の守備位置について指示を出すときその根拠はありますか?

Pocket

 

外野手のポジショニングについて

 

外野手のポジショニングについて

考えるときに

 

あなたはどのように

考えますか?

 

例えばあなたは監督です。

 

あなたのチームは

現在守備についています。

 

2アウトランナーなし。

迎えるバッターは4

番筒香選手

(左打ちの引っ張りが多い選手)。

 

外野手がベンチに

守備位置の確認をしています。

 

監督のあなたは

どのように守備位置の

指示をしますか?

 

いろいろな考え方が

あると思いますが

答えは必ず

一つではないのです。

 

答えは

たくさんあるのです。

 

しかし、

なぜそのような根拠に

なったのか?

 

これが一番

大事になるのです。

 

先ほどの例えで言うと、

おそらくバッターは左で

引っ張りだから

 

ライトをライン線寄りに

守らせて

 

センターとレフトも

ライト方向に寄る。

 

と考える人も

いるでしょう。

 

いやいや私はセンターだけ

ライト方向に寄らせる。

 

と言う考えの人も

いるでしょう。

 

ではどのような

根拠があって

守備位置を

動かしたのでしょうか?

 

何度も言いますが

ここが重要です。

 

根拠と言われましても・・・

 

左バッターの

引っ張りだから

ライトまたは右中間に

打球が行く可能性が

 

あるからと言う

根拠なんですが・・・

 

こう言った根拠では

絶対的な根拠ではありません。

 

絶対的な根拠とは

必ず動かした守備位置に

打球が飛び

 

アウトにできる

と言う絶対的な

根拠なのです。

 

この絶対的な根拠が

ない限り

 

守備位置を動かす

必要がないのです。

 

そして私は

少年野球や中学生野球での

大きく守備位置を動かす

必要性を全く感じません。

 

「右に寄れ!」

「左に寄れ!」

 

とベンチから

大きな声で指示を出している

監督や指導者を多く見ますが、

 

いつ見ても

よくわからない根拠で

動かしています。

 

そして絶対に

動かした守備位置には

打球は飛んできません。

 

飛んでいく

はずがありません。

 

だって根拠がないし

その位置に動かして

 

その位置に打球が飛んでいく

シナリオが

できていないのですから。

 

「シナリオ?」

 

と思ったあなたは

本当に根拠がない

守備位置の動かし方を

していますよ。

 

気をつけてくださいね。

 

 

守備位置を動かすには

シナリオが必要になるのです。

 

私がなぜ

少年野球や中学生の野球で

大きく守備位置を変える

必要がない

 

と言っているのか

お伝えします。

 

基本的には

少年野球や中学生の

外野の守備位置は

 

レフトは

サードとショートの間、

 

センターは

セカンドベースの後ろ、

 

ライトは

セカンドとファーストの間

 

これを基本に

守備位置にすればいい

と思っています。

 

私が

社会人野球選手だった頃の

守備位置のポジショニング

についてお話しします。

 

私はセンターだったこともあり

他の外野手よりも

守備位置は

大きく変わってきます。

 

まず

シナリオがないバッターには

 

先ほど言ったように

セカンドベースのライン上で

守っていました。

 

多少、

右バッター左バッターや

投手によっては右左に

 

位置を変えて

いましたが大きくは

変わりません。

 

次に

シナリオがある

バッターの場合ですが、

 

これはすべて

データーで動きます。

 

初球に投げる球から

打ち取る球まで

決まっています。

 

大会になると試合前日には

ミーティングが行われます。

 

最初は全体で

対戦相手の戦略や

対策を考えるミーティングで、

 

それが終わると

 

ピッチャー、

キャッチャー、

外野手の

 

ミーティングが始まります。

 

これはどういった内容の

ミーティングかと言うと、

 

明日の対戦相手の

予想オーダーを決めます。

 

この予想オーダーは

コーチが取ってきたデーターを

参考に

 

おおよそのオーダーが

決まります。

 

1番打者から9番打者、

代打で出てくる控えの選手の

分析をしたシートを基準に

 

キャッチャーが配球を

決めるのです。

 

最初の

例え話に出てきた場面を

私がいたチームでは

 

どのようにシナリオを

決めていたかと言うと。

 

私たちの

チームの先発投手は

左投げのスライダーや

カーブの得意なピッチャー。

 

対して左の引っ張りの選手。

まずキャッチャーから

 

このバッターは

ストレートに強いので

ストレートでは勝負しません。

 

ストレートは見せ球

もしくはファールにさせる

ストレートを投げます。

 

打ち取るボールは

外の変化球(スライダー)です。

 

基本的には

外中心に投げます。

 

なので

この4番バッターの時には

右中間の長打は無いので

 

レフトはレフト線寄りで

前に守ってください。

ポテンヒットを防ぎます。

 

センターは極端に

レフト寄りに守ってください。

 

打ち取るスライダーは

高い確率で左中間の

フライになります。

 

ライトは

コントロールミスで

真ん中に入った時に

 

右中間の長打を

防ぐために右中間後方に

守ってください。

 

長打を防ぎます。

それよりも引っ張れば

必ずファールになります。

 

と言った感じで

1番から9番までと

 

代打で控えている選手の

シナリオを考えて

明日の試合に臨むのです。

 

かなり徹底されています。

 

このシナリオがあるから

私も守備位置を大きく

変えることができるのです。

 

決してスイングを見て

こっちにきそうだな!

とか

 

右バッターだから

こっちに守ろうかな!

 

と言う根拠で

守備位置を変えることは

ありません。

 

根拠がなければ

オーソドックスな

守備位置にいればいいのです。

 

しかも、

キャッチャーが描いた

シナリオ通りの配球をする

コントロールも

 

ピッチャーに

求められるのです。

 

キャッチャーの配球、

ピッチャーの

コントロールがあってこその

根拠なのです。

 

それがあるから

外野手の私も

守備位置を変えることが

できるのです。

 

だから

コントロールが悪い

ピッチャーの時は

 

シナリオが作れないから

大きく守備位置を

変えることはしません。

 

今、私は草野球チームでも

外野を守っていますが、

 

当然シナリオなんて

ありませんし

 

正直、ピッチャーに

コントロールも

求めていないので

 

守備位置はいつも

セカンドベース上に

守っています。

 

私ぐらいの経験があれば

バットスイングと

ピッチャーの球質で

 

この辺りに飛んできそう

とか

 

この辺に守っておこう

と言うのはあります。

 

しかし、

ほとんど飛んできません。

 

オーソドックスな

守備位置にいれば

 

たいていの打球は

捕球できますから。

 

プロ野球選手や

社会人野球選手は

 

緻密なデータと

キャッチャーの研究と

 

ピッチャーの

コントロールが

合ってこその

 

根拠のある

守備位置になるのです。

 

しかも

毎回同じようには

いきません。

 

いくらプロだろうが

コントロールミスは

ありますし、

 

配球ミスだってあります。

 

と言うことは

少年野球や中学生野球で

ここまで求める

必要はありますかね?

 

必要はないですよね。

 

であれば根拠もなく

守備位置を変えるのではなく

 

オーソドックスな

守備位置にいればいいのです。

 

オーソドックスな守備位置から

ずれていたら戻せばいいのです。

 

さっき左中間に飛んでるぞ!

もっと左中間に寄れ

 

意味ありますか?

根拠はありますか?

絶対にないですよ。

 

好きなように

守らせてあげてください。

 

基本はオーソドックスな

守備位置を教えてあげることです。

 

私も毎日、

自分の野球理論に

磨きをかけるために

研究と練習しています。 

 

そして

自分の人生と向き合い、

見つめなおし

 

勉強と実践をしていますので

 

参考として

私のYouTubeやTwitterなどを

見ていただけたらと思います。 

 

それでは、今回は以上にします。


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ


スポンサーリンク