野球で悔しさや妬みが出たときに考えて欲しいこと

Pocket

こんにちは。野球カウンセラーの沖増です。

先日に下記の内容をSNSに配信しました。

 

スタート地点はみんな同じ

 

レギュラーで活躍しているライバルも、

野球を始めたときは打てなかったり

守れなかったりしていたのです。

 

上手くなりたいと思い人の

何倍も練習をしてきた結果

レギュラーになれたのです。

 

「あいつはいいな」とうらやむ暇があるなら、

今やるべきことに一生懸命になりましょう。

 

今回はこの内容について詳しく説明していきます。

 

「なんであいつは…」

「俺より結果出せるんだ」

「羨ましい」

 

こう思ってしまう気持ち

本当によ~~~く分かります。

 

私も思っていましたし

今でも思っちゃいます。

 

少々私の話になりますが

 

私は20歳の時に

社会人野球選手としてスタートしました。

 

同じチームには私と同じ年の

仲間が3人いました。

 

彼ら3人は高卒で入ってきているので

私より3年先に社会人野球選手として

スタートしているのです。

 

3年の差は大きいです。

 

私は野球の専門学校で

野球をやっていた時に

 

彼らはレベルの高いチームで

やっていたのです。

 

同じ年ですが扱いももちろん

違いますし、すでにチームの

レギュラーとして活躍している

選手もいるのです。

 

「なんであいつは…」

「俺より結果出せるんだ」

「羨ましい」

 

当然思いましたよ。

 

学生野球と社会人野球では

スピードもパワーも何もかも

全く違います。

 

私はそのスピードとパワーに

ついていけませんでした。

 

当然試合にも出れないし

出ても結果が出せずすぐに交代。

 

一方、他の同じ年の仲間は

結果は出し活躍しているのです。

 

「羨ましい」

「なんでそんなに打てるんだ」

 

ちょっとした妬みもありました。

 

でも、そんな仲間も

高校から社会人に入ったときは

私と同じようにスピードと

パワーについていけなかったそうです。

 

それでも何度も何度も練習を繰り返し

社会人野球のスピードとパワーに慣れ

やっとレギュラーとして試合に出ているのです。

 

あの時、妬んだり落ち込んだまま

練習をあまりしていなかったら

30歳まで野球を続けれなかったはずです。

 

先輩にもよく言われました

「悔しがってる暇があればバットを振れ」

 

確かにその通りです。

 

どんなに嫉妬したり

妬んだりしても何も解決しません。

 

今、レギュラーとしている仲間は

私の何倍もの練習をしてきたから

レギュラーで活躍しているのです。

 

それだったら私も仲間と同じように

イヤ、それ以上に練習をやらないと

彼らには勝てないのです。

 

今だけの結果や数字を見れば

「羨ましい」「なんであいつは」

「なんでヒットが打てるんだ」

 

そう思っても仕方ないと思います。

 

でも、レギュラーになるまで

ヒットがたくさん打てるまで

それまでの道のりがあるのです。

 

その道のりを見ずに

今の結果だけ見たら

そりゃ嫉妬しますよ。

 

でも結果を出すための

見えない努力を

たくさんしているのです。

 

苦労や苦しみだって

たくさん経験しているのです。

 

いきなり嫉妬や妬みを無くせ!

というのは難しいと思います。

無理に隠そうとしなくてもいいのです。

 

嫉妬や妬みなどの感情が出たら

まずは自分が今、嫉妬している

と言ことを認めましょう。

 

「あ~俺嫉妬してるよ~」

 

それでいいのです。

素直に認めるのです。

 

ここからが大事なのです。

 

自分を認めた後に

相手も認めてあげるのです。

 

ここまでの結果を出すまでに

頑張ってきたんだな。だから

こんなすごい結果が出せるんだ。

 

こうやって相手の見えない努力を

認めてあげるのです。

 

そして、

相手を認めてあげることができれば

今度は自分自身に問いかけるのです。

 

「俺は何がしたいんだっけ?」

 

嫉妬や妬みなどに心が奪われ

本当にやりたいことや今、

やるべきことが見えなくなります。

 

「羨ましい」「悔しい」という

感情でいっぱいになると

 

「俺はダメだ…」とか

「あいつがいなければ…」

「打てなくなればいいのに」

「怪我すればいいのに」

 

ネガティブな感情に心が支配され

本来やるべきことでないことを

やってしまうのです。

 

だから相手を認めてあげて

自分自身に問いかけるのです。

 

「俺は何がしたいんだっけ?」

 

そうすると

「あっ俺は野球がしたいんだ」

「野球で活躍したいんだ」

気付くはずです。

 

そうすれば

「妬んでる場合じゃない」

「練習、練習」となってくるのです。

 

やるべきことが見えてくるのです。

 

私は今でも嫉妬や妬みは出てきます。

出てきますがすぐに先ほどのように

妬んでる自分を認めます。

 

自分を認めたら相手も認め

自分に質問するのです

 

本当は何がしたいんだっけ?

 

そうすれば

「妬んでる場合じゃない」となって

上手くいくことを考えたり

行動できたりするのです。

 

妬みや嫉妬などの

感情が出てきたら

是非、やってみてください。

 

私も毎日、自分の野球理論に磨きをかけるために

研究と練習しています。 

 

そして自分の人生と向き合い、見つめなおし

勉強と実践をしていますので参考として

私のYouTubeとTwitterを見ていただけたらと思います。 

 

それでは、今回は以上にします。

 

YouTubeチャンネル↓↓

野球上達の練習方法を伝えるYouTubeチャンネル

 

Twitter↓↓

野球上達の練習方法や考え方を中心に呟くTwitter

 

野球少年のお金と時間の感覚に危機感↓↓

親子で学ぶ教室

 

Twitter↓↓

自分自身との向き合い方などを呟くTwitter