バッティングの基本は下半身!!

Pocket

バッティングの基本は下半身です!!

 

人それぞれ始動する箇所は違うでしょうが、やはり下半身が最初に動いてから上半身はそのあとからついてくるバッティングフォームが理想です。

 

私の場合は腰が回転するための最初の動き出しになります。腰の動きがそのあとのバッティングフォームを決めるといっても過言ではありません。この腰の動かし方さえ間違えなければほとんどの場合打てます。

 

先日、私が教えている子どもがあるチームの指導者からこんなアドバイスをもらったそうです。「腕でバットを振れ。腰は打った後に回す!腰を回しすぎるから引っ張った打球がいく」

 

私にはまったく理解ができませんでした。打った後に腰を回してどうなるんだ?そもそも腰は回すものではないですからね。腰を回そうとするからバットがドアースイング(外回り)をしてしまうのです。腰は決して回そうとしてはいけません。

 

引っ張った打球(右打者ならサードゴロ)しか行かないのは、腰が上手く使えていないか、ポイントが前すぎる(ほとんどの場合かこれが原因です)のです。私もバッティング練習や試合でサードゴロやショートゴロを打つこともありますが、その原因は打つタイミングが早かったからなのです。腰の回しすぎでは決してありません。

 

このことを理解していないとたいていの人は身体が開いていた!とか腰が回りすぎ!と言ってしまうのです。第三者から見ると確かに腰を回しすぎるように見えてしまうかもしれませんが…

 

腰は回しすぎるのはよくありませんが、腰を上手く使わないと打球も飛びません。腕だけでは決して飛距離は出ません。確かに練習では下半身を使わずに上半身だけで打つ練習もあります。しかしそれは、下半身をしっかり使えるから上半身が活かされるのです。

 

腰の使い方を覚えるには相当な時間と練習量がかかります。今日明日にでも身につくものではありません。でもこの先長く野球人生を歩みたい、歩ませたいと思うのであれば絶対に腰の使い方を早い時期から覚えさせたほうがいいのです。上半身だけの打ち方では限界が来ます。

 

正直、今日明日に結果が出したい、試合でヒットが打ちたい!といえば上半身の使い方を修正すれば打つことは簡単にできます。しかしそれは小手先だけなので長続きはしませんし、先ほども言いましたが限界が来ます。

 

子どもたちの将来を考えると私は下半身を使ったバッティングフォームを身に付けさせたほうがいいのです。正しい腰の使い方を身に付けましょう。

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>