バットが出てこない!フライが多い選手必見!!前足に体重を乗せる練習方法

Pocket

こんにちは。

野球カウンセラーの沖増です。

 

今回は「前足に体重を乗せる練習方法」についてお話ししていきます。

 

体重が軸足に残りすぎてバットが出てこない、

 

バットが下がってしまう、

 

身体がのけぞってしまう、

 

といったスイングになると打ち損じる原因になります。

 

今回は前足に体重が乗ってボールを力強く打つ感覚をつかむための練習方法をお伝えしたいと思います。

 

テイクバックをすると腕とバットがキャッチャー側にくるので体重は軸足に乗ります。

 

打ち損じをする形として軸足に体重が乗りすぎてのけぞったり、バットが出てこなかったりするのでなかなか体重が前足に乗るのが難しくなります。

 

軸足に体重が乗りすぎるのを解決するための練習方法として、テイクバックした時に体重を前足に乗せます。逆の動きをします。

 

普通は軸足に体重を乗せるのですが、テイクバックをしたときに体重は前足です

 

身体が前に行きすぎないように下に体重をかける感じにします。

 

この形でスイングするとバットが前に出てくる感じが分ると思います。

 

インパクトの時は前足にしっかり体重がかかっているので、頭が前に出るかもしれませんが、これはあくまで感覚をつかむための練習なので気にしなくてもいいです。

 

この時に前足の足の裏でしっかり地面をつかんで、前足の回転を使ってスイングすることが大事になります。

 

前足の足、膝、腰の回転によってバットが引っ張られて加速させられます。

 

力でなく身体の回転で力が伝わっていく練習にもなります。

 

身体の使い方、練習方法など動画で観たい方はコチラの動画を参考にしてみてください↓↓

 

バッティングで前足に体重が乗らない、身体がのけぞる打ち方の改善練習方法

 

というわけで今回は前足に体重を乗せる練習方法をお伝えしました。体重が軸足に残りすぎる選手、うまく体重移動ができない選手は取り入れてみてください。

 

もっと理解を深めたい、なかなか前足に体重移動ができな場合はコチラの動画も参考にしてみてください↓↓

 

バットが出てこない、フライが多い選手必見!!前足に体重を乗せる練習方法


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ