努力が報われない人は私の失敗から学べ①

Pocket

こんにちは。

野球カウンセラーの沖増です。

 

先日のラジオ配信で話した内容を

ブログに書きました。

 

音声で聞きたい方は、

コチラのstand.fmのアプリで

ぜひお聞きください↓↓

 

スポンサーリンク



「努力が報われない人は私の失敗から学べ」

 

一生懸命に練習もするし、

人一倍努力もする。

 

すべての時間を

野球のために

捧げているのにも関わらず、

 

その努力や頑張りが

報われない、

成果が出ない。

 

そんなことを感じている人も

多くいるのではないでしょうか。

 

また仕事や日常でも

同じように頑張っているのに

 

評価されない、

何か満たされない、

成果が出ない

 

と感じている人も

いると思います。

 

頑張っても成果が出ない、

努力が報われない人

と言うのは

 

実はその頑張り方や

努力の仕方が

間違っていたり、

 

無駄に頑張ってしまったり、

自分を追い込んだり、

 

自分の気持ちに

嘘をついていることがあります。

 

努力が間違っている

と言われたり、

 

無駄に頑張っている

と言われたらどう思うでしょうか。

 

これでいいと思い

頑張ってきたのに

それが間違っている、

 

無駄な努力だった

なんて言われたら

かなりショックだと思います。

 

でも実際に

そういうことがあります。

 

実際に私は

努力の仕方が間違っていたり、

無駄に頑張ってきたり、

 

本当はやりたくないのに

嘘をついたり、

 

意地になっていたことで

頑張りや努力が

報われませんでした。

 

なので今回は

頑張っても成果が出ない、

努力が報われない人に向けて

 

私が失敗してきたことを

お話ししてヒントになれば

と思いますので、

 

ぜひ私の失敗談を

お聞きください。

 

まず1つ目ですが

「何も考えていない」

と言うことです。

 

私の場合、

何も考えていないとき

と言うのは

 

「頑張る」とか「絶対に」

というようなことを

多く口に出していました。

 

「頑張ります」

「絶対に達成します」

「一生懸命」

 

とよく言っていました。

 

頑張る、一生懸命になることは

いいことなのですが、

 

ただ一生懸命に頑張ったり

言われたことを

ガムシャラにやり続けると

成果が出にくくなります。

 

頑張れば何とかなる

と考えてしまい、

 

なぜこうなるのか、

 

なぜ

この練習をしているのか、

 

もっと楽に

成果が出る方法はないのか、

 

こうしたらどうなるのか。

 

なぜ

このような結果になったのか。

 

こういうことを考えないと

私のように

「頑張ります」

「一生懸命に」

 

と言う言葉を使いだし

思考停止してしまいます。

 

結果を出している人は

「頑張ります」のような

 

気合!

根性!

と言う言葉を使う人は

私の周りにはいませんでした。

 

なので成果を出したい、

努力が報われたい

と思う人は

 

「考える」ことを

習慣にしてみてください。

 

もっと楽に

成果を出すには

どうしたらいいのか。

 

毎日続けるには

どうしたらいいのか。

 

自分の強みと弱みは何なのか。

 

この場面では何が必要なのか。

 

こういうことを

考えることがとても

大事になってきます。

 

是非、考えながら

練習や日々仕事、

行動をしてみてください。

 

2つ目ですが

「あれこれやってしまう」

と言うことです。

 

これは非常に

見極めが難しいのですが、

 

頑張って努力しても

成果がすぐに出ないと

 

あれこれと

手を付けてしまうことが

多くありました。

 

なぜ練習をするのか、

なぜ努力をするのか

と言うと

 

その技術が

身についていないから

練習をするわけです。

 

例えば、

バッティングに関して言えば

 

今の私は下半身を動かし、

骨盤を回転させて、

体幹を使って

バットを引っ張ってきて、

 

手首を使って

ヘッドスピードを加速させることを

同時にすることができますが、

 

すべてを同時に

できるようになったわけではないのです。

 

一つ一つを意識して

無意識で

動かせるようになったら

 

次の課題に

取り組むようにして

できるようになりました。

 

例えば

手首の使い方を最初は覚えて、

 

それが意識しなくても

勝手に動かせるようになって

 

次に下半身の動かし方を練習する。

 

下半身が無意識で

動かせるようになったら

骨盤を意識する。

 

その繰り返しで

今ではすべてを同時に

動かすことができます。

 

しかし努力が

報われなかった頃の

私と言うのは、

 

すべて同時に

できるようになるために

 

中途半端に

あれこれ手を付けて

練習をしていました。

 

先ほどの

バッティングでいうと

 

素振りをするときに

下半身も意識して

手首も意識して

骨盤も意識しながら

素振りをしていました。

 

手首の使い方を

頑張って練習します。

 

しかし手首の使い方が

無意識でできる前に

下半身の動かし方に

手を付けてしまいます。

 

そうすると

手首の使い方を

忘れてしまいます。

 

もしくは

間違った使い方に

なってしまいます。

 

さらに下半身も

無意識で動かせるように

練習すればいいのですが、

 

無意識で動かせる前に

骨盤の動かし方に

手を出してしまったのです。

 

そうするとすべてが

中途半端になってしまいます。

 

つまり無意識で動かせる、

習慣化できる、

簡単にできるようになるまで

続けないで、

 

ほとんどがその前で辞めたり、

ほかのことに手を出して

しまったのです。

 

これも

努力が報われなかった

私の失敗談です。

 

1つのことでも

頑張れないのに、

 

他のことを同時に

頑張らなければいけないのは

相当大変なことなので、

 

1つのことが

無意識でできる、

習慣化できる、

 

楽にできるようになるまで

徹底して繰り返し

やってみてください。

 

その積み重ねが

多くのことが同時に

できるようになるのです。

 

他にも

お伝えしたいことは

まだまだあるのですが、

 

長くなりそうなので

今回はその①と言うことで、

 

続きは次回の配信で

お伝えしたいと思います。

 

私も毎日、

自分の野球理論に磨きをかけるために

研究と練習しています。 

 

そして

自分の人生と向き合い、見つめなおし

勉強と実践をしていますので参考として

 

私のYouTubeやTwitterなどを

見ていただけたらと思います。 

 

それでは、今回は以上にします。


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ


 

スポンサーリンク