<間違いだらけの野球教室>寒い時期の技術練習について

Pocket

 

<間違いだらけの野球教室>寒い時期の技術練習について

 

 

今日は野球教室の動画作成をしようと天気も良かったので近くの公園で動画撮影をしてきました。新しく動画と本を作ろうと思っているのでそのための動画撮影です。

 

 

午前中はパソコンで作業をしていたため昼からの撮影になってしまいましたが気持ちを入れて撮影開始!と思いきやなぜかカラスの大群が!「カーッ、カーッ」と大合唱!カラスの鳴き声が入ったのでは撮影できないので鳴き止むまで待機!

 

 

天気がいいとはいえ2月のこの寒空の下ただ待っているのは体が冷えます。しかも動きやすいように軽装のジャージ姿です。風も強くどんどん身体の体温が奪われていきます。

 

 

なかなか鳴き止まないのでとうとう私も我慢ができず大人気もなくカラスの群れにバットを片手に向かっていきました。本当に大人気ないですが向かっていったお陰でカラスの群れもいなくなり撮影再開。

 

 

しかし、カラスが鳴き止むまで待機していた私の体温はどんどん奪われたため口元が言うことを聞きません。何度も噛んでしまい取り直しになってしまいます。

 

 

何とか身体を温めながらも1本目の動画を撮り終えました。撮影した動画を確認しながら「これでいいかなー」なんて思いながらとりあえず2本目撮影して1本目をどうするか考えよう。と言うことで2本目を撮影。

 

 

撮影中に車の音や飛行機の音で撮影をストップしながら我慢しながら撮影をしていたのですが、とんでもない状況が起きてしまいます。私の計画性の無さが出てしまいました。と言うか何も考えず撮影をしようと考えたのがいけなかったのです。

 

 

撮影していた日は水曜日、時間は14時ごろ、場所は公園です。何が起きたか分かりますか?そうです!子どもの団体が公園に遊びに来たのです。

 

 

撮影中も遠くから子どもの元気な声が聞こえるなーとは思っていたのですが、まさかここまでの人数でしかもこの公園で遊ぶとは私も全く考えていませんでした。

 

 

そりゃーもう元気ですよ!大人は寒くても子どもには関係ないことですから元気元気でみんなはしゃぎまわってます。みんな大声で叫びまくっています。

 

 

もう、こなったら撮影どころではないです。子どもが帰るまで待機していたら私が寒さに負けて倒れてしまいます。仕方ないので撮影は終了!他の公園で撮影を考えたのですが、寒さも手伝ってか今日は撮影しないことにしました。

 

 

しかし、このまま帰っても何も得ることがないのでバッティングセンターに行って私が打っているフォームを撮影しようと考えすぐにバッティングセンターへ!

 

 

私のフォームを参考にいいフォームと、悪いフォームの違いやポイントの解説、練習方法などを取り入れた動画にしようと考えていました。さすが平日!バッティングセンターはほぼ貸切状態なので思う存分打つこともできるし撮影もできる!そう思いいざ打席へ!

 

 

しかし!打席に入って構えた瞬間!「あっ今日は打てない!」と感じました。以前、打席に立つ位置の話を記事で書いたと思います。私はどんな場面でも必ず同じ立ち位置に立ちます。なぜ、同じ立ち位置に立つかと言うといつもと同じ風景を目で確認するためです。

 

 

打席に入った時のこの風景が違ったのです。どう違うのかと説明しろと言われても言葉ではなかなか言い表せないですが、極端な話で分かりやすく言うとマシーンに背中を向けて顔だけマシーンの方向を見て構えている感じです。

 

 

さらに構えたときもしっくりきませんでした。私はよくバッティングは股関節を上手く使って下半身を動かして打つことが基本だと言っています。そのために構えたときに軸足の股関節。私は右打ちなので右の股関節にしっかり体重が乗った状態で構えるのが私の状態がいいときの構え方です。

 

 

しかし、しっかりと股関節に体重は乗らないですし、目から見える景色も違う。さらには下半身が上手く使えないから上半身が上手く使えず打つポイントが差し込まれてしまうのです。

 

 

普段ならこうなった状態でも自分で修正箇所を探して改善すればいつも通りに打てるのですが、今日は全くダメでした。修正箇所は分かるものの身体が上手く動いてくれないのです。

 

 

なぜうまく動いてくれないのか?答えは簡単です。「打てないと思ったから打てないんじゃないですか?」「気持ちが切れてしまったから?」違います。答えは・・・寒すぎたからです。

 

 

えっ!そんなこと?と思われるかもしれませんがとても大事なことなのです。まず、この寒い外でバッティングするのだから身体を動かして温める必要があります。私は一切身体を動かさずいきなりバッティングしたので身体が動くはずがありません。

 

 

だからしっかりアップをしなさい!と言うことではないのです。私が言いたいことは!

 

 

この寒い時期に野球をやってはいけません!本当にそう思います。昔から思っていましたよ!当然、社会人野球選手時代にも思っていました。

 

 

野球をやるなら基本練習のみです。寒い時期にボールを使ってノックしたりするから怪我をするのです。寒い時期にバッティングするからフォームが崩れるのです。

 

 

それはそうですよ!寒すぎるのだから身体はいくらウォーミングアップをして身体を温めてもすぐに身体は冷たくなります。冷たくなった身体でいきなりボールを投げる、身体をひねったりすると身体は悲鳴をあげます。

 

 

私も現役時代はこの時期にノックをしたりバッティングしたりするのが本当に嫌でした。社会人時代のこの時期(2月)は強化合宿期間中です。プロ野球で言うところのキャンプの時期と同じ時期です。だからノックもするしバッティングもします。

 

 

温かい地域で練習するのならまだいいですが、私のチームは自分の地域で練習するので当然寒い。寒すぎです。そんな中、バッティングや実際にピッチャーの球を打ったりするのですから嫌で嫌で仕方なかったです。

 

 

プロ野球は3月末からシーズンが始まるのでそれに合わせて今の時期から身体を作る必要があります。社会人野球選手も3月末から大会が始まりますからそれに向けてチームを作り上げていくのです。

 

 

プロ野球選手や社会人野球選手は野球が仕事ですし、営利が発生しますのでシーズンが早く始まってシーズンが長くなればなるほど球団にとっては利益がもたらされます。だから3月末の寒い時期からシーズンが始まります。

 

 

社会人野球も同じです。大会が始まれば連盟等もそう言ったことは考えます、だからたくさんの大会を全国で開催しますし早い時期からシーズンを始めます。

 

 

さらに、社会人野球は企業の看板を背負っています。私たち選手がある大会に出場すれば企業名を宣伝してくれるので喜んで大会出場をさせてくれます。(大会に出るにも企業側からすると大きなお金を出費になるので最近は大会に出る回数も減っています。)

 

 

プロ野球選手や社会人野球は大人の事情があるので早い時期から練習をしてシーズンに入るのですが、中学生や少年野球はどうでしょうか?

 

 

運営側からするとそう言った要素はあるかもしれませんが、子どもたちは別に仕事で野球をやっているのですから大人の事情は全く関係ありません。無理に早い時期から試合をすることもないのです。

 

 

特に、身体がまだ出来上がっていない時期にさらに、ものすごく寒い時期に練習して何の意味があるのでしょうか?怪我をする危険性、フォームを崩す危険性の方が高くなります。

 

 

寒い時期に練習するなとは言いませんがするのであればボールを投げたり打ったりする練習はやめておいた方がいいです。それよりも基本練習を短い時間でやった方がいいのです。

 

 

昔はと言うか今もあると思いますが試合をする解禁日と言うものがありますが年々早くなっている気がします。社会人野球選手時代もそれは感じていました。

 

 

試合解禁日が早くなると言うことは練習開始時期も実践練習時期も早くなる。そうすると寒い時期から練習開始、実践開始になる。野球は寒い時期にするスポーツではないと思います。

 

 

特に中学生や少年野球は温かくなるころから上々に始めた方がいいのです。今のこの時期に練習や試合をする意味は何なのでしょうか?いつも不思議に思います。

 

 

基本的に試合の数も多すぎるのでそれも大問題なのですが。

 

 

最後にもう一つ、寒い時期に練習や試合をしてほしくない理由があります。それは練習を見に来ている?来させられている?お父さん・お母さんを見ているのもつらいです。

 

 

昔は今ほどお父さん、お母さんが見に来なくてもチームからも世間体から見ても何も言われることはなかったのですが、今はチームが厳しく言うところもあるのでほぼ強制的に練習を見に行かなくてはいけない状況になっています。

 

 

そうするとグランドに多くのお父さん、お母さんが寒い中見に来るのです。監督や指導者、子どもたちは身体を動かしてるからまだいいものの、お父さん、お母さんはたったままじっと見守っているのです。

 

 

そんな姿をみて監督や指導者はもっと感謝しなければいなりません。その前に、来させてはいけません。いや!そうは言ってもグラウンドに親の来る人数が決まっているので!人数が少ないと練習をさせてもらえないので!と言う監督、指導者もいるのですが、だったら練習するなよ!です。

 

 

お父さん、お母さんもグラウンドでは子どもをじっと見守っているだけかもしれませんがグラウンドを離れたら当然、守るべき家族がいますし、仕事だってあります。家のことを毎日頑張っているのはお父さん、お母さんなのです。

 

 

そんな子どもにとって、家族にとって大事なお父さん、お母さんを寒い中練習に来させて風邪でも引いたらどうするんですか?もっと重い病気になったらどうするんですか?

 

 

お父さん、お母さんの代わりに監督や指導者が手伝ってくれますか?絶対に手伝わないはずです。監督、指導者の奥さんが風邪で寝込んだらどうしますか?インフルエンザで隔離されたらどうしますか?きっと困りますよね?困るどころではないはずです。

 

 

自分が困ることを強制的に他の人にしているのです。そういうことも分かって欲しいのです。

 

 

だから寒い時期の野球は子どもにとっても、お父さん、お母さんにとってもあまりメリットはないのです。むしろけがや病気をするリスクの方が高いのです。

 

 

もっと温かくなってから野球を始めましょう!そんなに焦って練習をする理由は何ですか?勝ちたいからですか?上手くさせてあげたいからですか?

 

 

勝ちたいと思うなら、上手くならせたいと思うのであれば一番い子どもと、お父さん、お母さんのことを大切にしてあげてください。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

—————————————————-

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

 

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

 

 

【愕然】たった20分〇〇した結果!東京ドームを5日間貸切れるぐらいのお金が浮いた!方法を知りたいと思っているあなた

 

 

野球とお金の事情を知りたいと思っているあなた