<間違いだらけの野球教室>体幹を使ったバッティングについて

Pocket

 

<間違いだらけの野球教室>体幹を使ったバッティングについて

 

「体幹を使って打て」とよく言われますし、私自身も体幹はとても大切な部分なのでトレーニングもよくしていました。

 

 

指導者も体幹を使って打てという人も多いのではないでしょうか?

 

 

でも、そもそも体幹を使って打てってどういうことなのでしょうか?体幹ってどこ?

 

 

体幹とは漢字の通りで身体の幹のことを言います。つまり胴体のことです。体幹は身体を動かす重要な軸になります。

 

 

肩関節、骨盤、股関節、背筋、腹筋などが体幹部です。(注意:医療関係のお仕事をされている方、または解剖学を専門に勉強されている方には肩関節や股関節などの言葉を使わないと思いますが分かりやすく、狭義の意味で使っていることをご理解ください)

 

 

皆さんも知識として覚えていた方がいいのですが、接骨院やトレーナーなど身体のことに詳しい専門家に「肩関節が・・・」などと言うと笑われてしまいますよ。

 

 

肩関節はいくつもの関節の総称であって肩関節と言う関節は存在しないのです。「肩関節を使って・・・」とか「肩を上げて・・・」なんて言わないでくださいね。

 

 

子どもたちに教える時には肩という言葉を使ってもいいのですが、やはり教えるには肩がどのような仕組みになっているのか?こういう構造になっているのか!肩が痛いとはこういうことなのか!が分かって教えていないと本当に子どもの未来を壊してしまいます。

 

 

私が現役のころには当然、解剖学や筋肉の勉強もしましたし、専属のトレーナーが詳しく教えてくれるので「棘上筋が弱くなっているから肩甲上腕関節の動きが悪くなっているだから痛みが出る」とか「胸鎖関節の動きがスムーズに滑らないから肘が上がってこない」など、常に自分でも考え、トレーニングや治療をしてきました。

 

 

専門的に詳しくなる必要はありませんがこのぐらいの知識を持って指導しないと、肩が痛いという選手に「冷やしておけ」や「安静にしろ」と言うアドバイスしかできないですし、打撃フォームやピッチングフォームを理論的に教えることはできないのです。

 

 

話が大きくそれましたので、体幹の話に戻しましょう。

 

 

野球ではよく「体幹を使う」「体幹を鍛える」と表現します。これは野球に限らずスポーツの世界では今や常識になっています。

 

 

胴体の屈伸、正しい姿勢の保持、身体全体のバランスをとるのが体幹の役割です。体幹を鍛えて理論に沿って効率的に使うことでパフォーマンスは向上します。

 

 

身体は細いのに長距離が打てる選手は体幹が強いのです。

 

 

パワーをつける!と言うと多くの人がウエイトトレーニングを思いうかべますが、大学生、社会人の選手であればウエイトトレーニングも必要になりますが、小学生、中学生の選手はウエイトトレーニングよりも体幹トレーニングをすることを強くお勧めします。

 

 

では、体幹を鍛えて「体幹を使ったバッティングをしろ」とよく言われましたが、体幹を使ったバッティングとはいったい何なのでしょうか?

 

 

分からないですよね?先ほども言いましたが医療関係のお仕事をされている方や解剖学を専門にお仕事をされている方にはわかるかもしれませんが・・・

 

 

体幹を使ったバッティングとは・・・体重移動を使った運動軸を上手に活用し骨盤を上手く回しながら軸足の股関節を・・・・

 

 

と言った説明になりますがいかがでしょうか?

 

 

私はこの意味を理解できたのは社会人の時です。社会人になるまでは「体幹を使って打つ」の言葉は知っていましたし、体幹が重要であることも分かっていました。

 

 

しかし、知っていてもどうやって使っていいのか分からないですし、選手やコーチに聞いても納得する答えは返ってきませんでした。

 

 

そんな私がなぜ理解できたかと言うと、独学で解剖学などを勉強していたのもありますが、先ほども言いましたがチーム専属のトレーナーが身体の仕組みや動かし方などを詳しく教えてくれそれを実際に自分で試しながら、トレーナーと動きを確認しながら練習したからなのです。

 

 

おそらく、身体の仕組みや動きを理解していないと体幹を使ったバッティングはできないでしょうし、当然、人に教えることはできないでしょう。

 

 

なので私はよく、メールなどで野球の質問をよくもらいます。内面的なこなどはメールでお応えできますが、技術的なことを説明されてもすぐには答えれません。

 

 

当然ですが、その選手の身体の特徴や動かし方が人それぞれ違うのですからアドバイスの仕方も全く違ってきます。「バッティングするときに身体が開いてしまうのですが・・・」と言う質問をされても実際に打っているところを私の目で見ないと的確なアドバイスができないのです。

 

 

話が戻しますが「体幹で打つ!」と言うバッティングは先ほどのように解剖学的な話をしないととても理解しにくいのです。簡単に「体幹で打て」「身体を使って打て」と言われても小学生には理解ができないはずです。

 

 

まずは私は体幹使うと言うことよりも「軸足(右打者なら右足)にしっかりと体重を乗せる」「軸足に乗った体重をステップした足(右打者なら左足)に体重移動させる」ことを教えた方がいいのです。

 

 

体重を乗せたり、体重移動をさせるためにはどうすればいいのか?以前の記事にも書きましたが「足を上げて打つ」「しっかりと軸足(右打者なら右足)で立つ」ことをお勧めします。

 

 

詳しく知りたい場合は過去の記事「足の上げ方について」をお読みいただくか直接私に聞いてください。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

——————————————————-

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

 

 

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた