バッティングで下半身や腰を回して打つと身体が開いてしまうのはなぜ??

Pocket

こんにちは沖増です。

 

今回は

「身体が開いてしまう原因」

についてお話ししていきます。

 

スイングスピードを

上げるために

 

下半身を回転させたり

腰を回してスイングしたら

身体が開いてしまい、

 

バットが出てこない、

逆方向に弱い打球しか

打てないなど、

 

打ち損じが多くなった

という選手がいます。

 

しかし、実際に

スイングスピードを上げたり、

飛距離を出すためには

 

下半身を先に動かし、

腰、骨盤を回して

スイングする必要があります。

 

下半身を使って回転しないと

飛距離は出ないのですが、

 

多くの選手は同じように

下半身を使って

スイングしたら

身体が開いてしまいます。

 

実は私も同じような

経験があります。

 

社会人に入る前までは

バットは腕で振るモノ

だと思っていましたが、

 

社会人に入って

下半身で打つことを知りました

 

しかし、

下半身を使って打つ、

下半身を使って腰を回す

スイングをすると

身体が開いてしまうのです。

 

身体が開くから

バットも出てこないし、

 

力強い打球が

打てませんでした。

 

では

下半身で打つスイングを

やめたかと言うと、

 

今でもそうですが

下半身を先に動かして

 

下半身で腰を回す

スイングをしています。

 

でも私は身体も開きませんし、

逆方向にしか飛ばない

ということはありません。

 

これはなぜかと言うと、

理由はいくつかありますが、

 

今回は私が

身体が開かないように

気を付けたポイントを

1つお伝えします。

 

このポイントを

気を付けるようになってから

下半身から振っても

身体が開かなくなりました。

 

このポイントについて

詳しく説明していきます。

 

下半身から先に動いて

腰を回した時に

身体が開いてしまう

原因は2つあります。

 

1つ目の原因は

 

テイクバックからステップして

トップを作る時に

身体のねじれがないためです。

 

基本的に

腰のラインと肩のラインが

最初はまっすぐの状態から

スタートして構えます。

 

そこから下半身を使って

テイクバックをすると

 

腰のラインと肩のラインが

一緒に回転していきます。

 

そして今度は

前足をステップし

トップを作る時に

 

肩のラインがさらに回転して

上半身が回転します。

 

上半身を回転させるとき

腰はなるべく

回転しないように

上半身だけ回転させます。

 

この時に腰のラインと

肩のラインに差ができます。

 

これが

身体のねじれになっていきます。

 

まずはテイクバックから

ステップした時に

 

腰のラインと

肩のラインに

差ができていない、

 

腰のラインと

肩のラインが一緒だと

 

腰を回しても

腰のラインと肩のラインが

一緒についてき

 

上半身が

前に向いてしまうので

身体が開いてしまう

という状態になります。

 

まずはしっかりと

ステップした時に

 

腰の回転よりも上半身が

しっかり回っている、

捻っている状態が

できるように身に付けましょう

 

2つ目の原因は

 

先ほどの腰のラインと

肩のラインがねじられた状態、

 

この状態が

スイングするときに

戻ってしまう。

 

ねじられた状態が

消えてしまうことです。

 

どういう事かというと

 

本来は

ステップしトップの位置、

ここで腰のラインと

肩のラインのねじれを作って、

 

このままねじれを維持して、

下半身で振っていきます。

 

下半身が先に回っても

上半身はまだ腰のライン

肩のラインとの差が

残っているので

 

上半身はボールに対して

真っすぐに向きます。

 

しかし、

身体が早く開いてしまう選手

と言うのは

 

トップの位置で

しっかりとできた腰のラインと

肩のラインの差が

無くなりながら

 

腰のラインと肩のラインが

一緒になって振ってしまいます。

 

そうなると

下半身を先に動かして

腰を回そうと意識をしても

 

身体が前を向いてしまって

身体が開いた状態になります。

 

私が先ほど、

身体が開かないように

気を付けたポイント

と言いましたが、

 

このポイントが

腰のラインと肩のラインの

ねじれです。

 

しっかりトップの位置で

腰のラインと肩のラインの

ねじれを作っておいて、

 

そこから腰のラインと

肩のラインのねじれをしっかり

インパクトまで維持したまま、

 

スイングした時に腰は

ファースト方向(右打者)に

向いていますが、

 

上半身、肩の向きは

正面に残っている形になります。

 

この腰のラインと

肩のラインの差、

 

ねじれと言うポイントを

しっかり意識しなければ、

 

下半身を先に動かして

腰を回したとしても

上手くスイングできない、

 

しっかりとらえることが

できないスイングに

なってしまいます。

 

もう一度

大事なことなのでいいます。

 

腰のラインと肩のラインの

ねじれをしっかり作った

スイングと言うのは、

 

下半身を使って

テイクバックします。

 

この時に

腰のラインと肩のラインは

一緒に動いていきます。

 

そこからステップし

トップの位置を作る時に

肩のラインがさらに

捻られていきます。

 

この時に

腰のラインと肩のラインの

差を維持したまま

インパクトまで行けば

 

下半身から先に動かして

腰を回しても上半身は開かずに

身体の正面で

打つことができます。

 

では、

腰のラインと肩のラインの

差を維持したまま

 

下半身を使って

スイングするための練習方法を

こちらの動画で詳しく

説明していますので

参考に観てください↓↓

 

バッティングで下半身や腰を回して打つと身体が開いてしまうのはなぜ

力強い打球を打つために必要な身体のねじれと下半身の回転を作る練習方法

というわけで

最後まとめていくと、

 

腰のラインと肩のラインの

ねじれを意識すればするほど

身体は開かなくなります。

 

下半身を使って回転しても

身体が開いてしまう選手は、

 

腰のラインと肩のラインの

ねじれをしっかり作る。

 

そしてそのねじれを

維持したままスイングする

ということを意識しながら

 

先ほど紹介した

練習方法を参考に

練習してみてください。


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ