バットが出てこない!前肩が入りすぎてしまう【4つの原因】と改善方法

Pocket

こんにちは

野球カウンセラーの沖増茂伸です。

 

今回

前肩が入りすぎてしまう

4つの原因と改善方法

 

これについて

お話ししていきます。

 

テイクバックをしたとき

というのは

前の肩は入ります

 

前の肩が入ることで

身体が捻られて

遠くに飛ばすための

パワーを作ります。

 

そのためには前肩を

入れる必要があります。

 

前肩が入らないように

指導する人もいますが、

 

私は

前の肩を入れないどころか

全く入れない、

 

動かさないように

することが原因で

 

飛距離が伸びなかったり、

身体が早く開いてしまう

原因を作っている

 

と感じています。

 

なので前肩は動かして

入れるように教えています。

 

ただ、

前肩を入れて捻れば捻るほ

パワーは大きく作られますが、

 

その分、バットが

ミートポイントまで

出てくるまでに

 

時間がかかるので

差し込まれたり

振り遅れる、

 

いわゆる

バットが出てこない

状態になります。

 

このように

前肩が入りすぎる原因として

4つ考えられます。

 

①軸足のつま先の向きが

 開きすぎている

 

②股関節に

 体重が乗っていない

 

③身体だけで

 捻りすぎている

 

④斜めに

 ピッチャーを見ている

 

こういった原因が

考えられます。

 

では前の肩が

入りすぎないために

どうすればいいのか

 

前肩が

入りすぎないための

改善策をお伝えします。

 

①軸足のつま先の向きが

 開きすぎている

 

軸足のつま先が

開きすぎると

 

構えたときに自然と

身体がキャッチー方向に

入っていきます

 

自分では気づきませんが

構えた時点で

前肩が入ってしまいます。

 

この状態で

テイクバックすると

さらに

前肩が入ってしまいます。

 

構えたときに

自分のつま先が

開いていないか、

 

普段の

自分のつま先の位置を

しっかり覚えて、

 

毎回、

自分のつま先の向きを

確認する必要があります。

 

過去の動画で詳しく

説明していますので

参考にしてみてください↓↓

 

つま先の向きを変えるだけで

スイングも打球も変わってくる

 

前肩が入りすぎているな

と感じたら

 

つま先を

内側に戻すことで

 

身体の向きが

真っすぐになるので

前肩が入りすぎることを

抑えてくれます。

 

②股関節に

 体重が乗っていない

 

テイクバックした時に

股関節にしっかり

体重を乗せます。

 

テイクバックの時に

股関節に

体重が乗らない選手は

 

膝が伸びたり、股関節が

起き上がってしまうので

どこまでも身体が

動いてしまいます。

 

股関節でしっかり

身体の動きを止めることが

できないので

 

前肩が

入りすぎてしまいます。

 

身体だけで

 捻りすぎている

 

飛距離を伸ばすためには

上半身と下半身の

捻りを作ることが

とても重要になります。

 

上半身と下半身の捻り

と言うのは

本来、自然にできます。

 

例え意識して

捻ろうとしても

 

上半身を少しだけ

捻るぐらいです。

 

上半身は少しだけ

キャッチャー方向に

引きますが

 

下半身は

ピッチャー方向に

力が加わるので

 

この時に

上半身と下半身の

捻りができます

 

前肩が入りすぎる選手は

上半身だけで

捻りを作ろうとします。

 

上半身全体を

キャッチャー方向に

捻ってしまいます。

 

さらに

下半身も同じように

キャッチャー方向に

 

捻ってしまうので

余計に前肩が

入りすぎてしまいます。

 

身体の捻りが

自然にできるように

 

上半身と下半身の

力の方向を逆に動かし

 

上半身は残して

下半身は前に行く

 

この動きを覚えると

肩が入りすぎなくなります

 

身体の捻りを作る方法

については

 

過去の動画で詳しく

説明していますので

コチラの動画をご覧ください↓↓

 

変化球にも対応できて

飛距離もアップできる

「ひねり動作」の作り方

 

力強い打球を打つために必要な

身体のねじれと

下半身の回転を作る練習方法

④斜めに

 ピッチャーを見ている

 

構えたときに

ピッチャーに対して

斜めで見てしまうと

 

構えたときに

肩が入りやすかったり

 

テイクバックのときに

捻りすぎて前の肩が

入りすぎることがあります。

 

最初の

軸足のつま先の向きが

開きすぎている

でもお話ししましたが、

 

つま先が

キャッチャー方向に向いて

構えると

 

どうしても身体も一緒に

キャッチャー方向に

向いてしまうので

 

自然と顔の向きも

変わってしまいます。

 

しっかりと両目で

ピッチャーを見る

必要がありますが、

 

顔の向きが

変わってしまうと

両目でピッチャーを

見れなくなります。

 

しっかり両目で

ピッチャーを見る

そのためには

 

右バッターの場合

構えたときに顔を

3塁コーチャーを両目で見ます

 

左バッターの場合は

構えたときに顔を

1塁コーチャーを両目で見ます

 

目だけで見るのでなく

しっかり顔も

3塁コーチャーに

向けてから両目で見ます。

 

そこから顔を

ピッチャーに向けて

 

両目でしっかりと

ピッチャーを見ます

 

このように

一度3塁コーチャーに

顔を向けて

両目で見ることで

 

構えたときに

入りすぎていた

前の肩が戻ります。

 

この状態で

テイクバックすれば

顔が残るので肩が

入りすぎなくなります。

 

というわけで

最後まとめていくと

 

前肩が入りすぎない

4つの修正ポイント

と言うのは

 

①軸足のつま先の向きが

 開きすぎていないか?

 

②股関節にしっかり

 体重が乗っているか

 

③身体だけで

 捻りすぎていないか

 

⑤両目でしっかり

 ピッチャーを見ているか

 

こう言ったところを

修正ポイントにして

練習してみてください

 

今回の内容を

動画で観たい方は

コチラの動画を観てください↓↓

 

バットが出てこない!

前肩が入りすぎてしまう

原因と改善方法


スポンサーリンク



それでは、今回は以上にします。


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ