多くが勘違いしている後ろ腕の押し込み方。押し込みが理解できれば飛距離は伸びます。

Pocket

こんにちは

野球カウンセラーの沖増茂伸です。

 

今回は

「後ろ腕の押し込み方」

についてお話ししていきます。

 

押し込みの役割として

よく言われるのが

 

バットを押し込んで

飛距離を出す役割が

あると言われます。

 

また、

後ろ腕を上手く使うことで

スイング軌道が

レベルスイングになるので、

 

ボールとバットが当たる

面積が広くなります。

 

なぜ、

飛距離を出せるのかと言うと

インパクト時にボールに負けない。

 

手首がしっかり

固定できているので

押し負けないと言われます。

 

また、バットの軌道を

ボールに力が伝わりやすい

スイング軌道になります。

 

押し込みがないスイングだと

ドアースイングの軌道になるので

 

力がボールに対して

逃げてしまいます。

 

なので

飛距離を伸ばすためには

後ろ腕の使い方、

押し込みが

とても大事になってきます。

 

しかし多くの選手は

押し込むこと言うことを

誤解しています。.

 

実際のバッティングで

本当に押し込む

という動作ができるのか

 

実際にはできません。

 

漫画のように

ボールとバットがくっついて

 

「おりゃー」

 

と言いながら

押し込みようなことは

あり得ません。

 

なぜなら

ボールとバットは

一瞬で離れるからです。

 

あくまで

ボールとバットが

くっついている

意識・感覚の話しになります。

 

では

押込みってどんな状態なのか

 

そもそも

両手が伸び切った状態で

ボールが当たっても

押し込みはできません。

 

押し込む感覚が出る状態

と言うのは

 

後ろの腕の肘が曲がった状態で

ボールが当たる時に

押し込む感覚が出てきます。

 

肘が伸びていくときに

ボールとバットが当たる

 

「これ」を

押し込みと言っています。

 

実際に

ボールを押し込むことは

できませんが

 

押し込む意識と

押し込む動作は大事になります。

 

動きとしては、

後ろの腕を伸ばす状態です。

 

後ろ腕の肘がたたまれた状態で

身体を回転させて、

 

インパクト付近で

バットを投げるように

後ろ腕の伸ばします。

 

この動きができれば

飛距離は伸びます

 

ただ

後ろ腕の押し込みが

できた方がいいのですが、

大前提が2あります

 

それは

下半身で回転すること

トップの状態から形は変わらない

 

下半身を使って回転させることで

後ろ腕がスムーズに

身体の前に出てきます

 

押し込みを意識しすぎて

後ろ腕に力が入ると

トップの位置から

バットが離れてしまいます。

 

そうなると

バットが遠回りになるので

詰まる原因になります。

 

なので

下半身を使って身体を回転させる

 

トップの位置での腕の形、

バットの角度を変えることなく

インパクトまでスイングする。

 

このことは大前提になりますので

意識しながらスイングをしてください。

 

また

後ろ腕で押し込むときの

ポイントとしては

 

インパクトの時には後ろ腕の

手のひらが上を向いている

 

自分の力が入る

手首の角度でインパクトをする

 

肘が曲がった状態の位置で

打つことが必要になるので

ミートポイントを近くすること。

 

このことも意識しながら

後ろ腕をしっかり

押し込むようにしてください。

 

押し込むための練習方法や

動画で詳しく観たい方は

コチラの動画を参考にしてみてください。

 

バッティングの飛距離を伸ばす

後ろ腕の押し込み方


SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ


スポンサーリンク