打球を遠くに飛ばしたいならメジャー選手のような打ち方をしよう

Pocket

バッティングでホームランを打ちたいなら

メジャー選手のモノマネをしてみよう

 

思い込みのフォームで打っていませんか?

私が野球少年だったころ

指導者によく言われてきたフォームと言うのは

 

昔の基本のバッティングフォーム

・肩幅と同じ広さで足を広げる

・まっすぐ立って傘を持っているイメージ

・打つときは肩は平行に回して上から出す

・バットはまっすぐに立てて構える

 

このようなバッティングフォームが

基本とされてきました。

 

例え試合でヒットが打てなくても

フォームが悪いとはならずに打てないなら

ひたすら練習を繰り返すと言うのが当たり前でした。

 

・全員が同じフォームでひたすら練習

・どうすれば打てるとか考えることは無かった

・メジャー選手のマネ?絶対に禁止だった

・とにかく基本に忠実

 

これが当たり前の時代なのか

これが当たり前だったチームなのか

とにかく全員が同じフォーム

同じ考え方でした

 

その頃の私は

考えるという発想が全くありませんでした。

 

言われたことをまじめに繰り返し

プロ野球選手などのバッターを

研究することもなかったです。

 

監督やコーチが言われたことが

絶対だったのです。

 

だから私は打てなかったのです。

 

身体にしみ込むまで

繰り返し練習するは間違っていないと思います。

 

でも頭で考えながら「なぜ」とか「こうしたら」

と言う発想がなくひたすらバットを振っていました。

 

結果が出ない、ヒットが打てない

ホームランが打てないのであれば

今からに言う発想が凄く大事なことで

 

それが真逆の発想です。

 

今やっていることで

上手くいかないなら

真逆の行動をすればいいのです。

 

今やっていることと

180°違うことをやってみる

 

これを私は社会人選手になって気づきました。

 

今やっていることの真逆でやってほしいこと

取り入れてほしいフォームがあります。

 

メジャー選手のここをマネして欲しいのです。

 

メジャー選手のマネでもこの3つだけ

取り入れてほしいと思います。

 

3つ全部ではなくても

1つでも2つでもいいです。

 

それは

・前かがみ(前傾姿勢)

・ヒッチ(グリップを下げて上げる動作)

・後ろ脇を大きく開ける

 

この3つはマネしてほしいと思います。

 

私の飛距離が劇的に変わったのは

メジャー選手のマネをして

前かがみ(前傾姿勢)と後ろ脇を大きく開けたからです。

 

ちなみにヒッチは

現役の時はやっていませんでした。

 

理由はタイミングが

私の場合は取りにくかったからです。

 

よく言われるヒッチのメリットとして

・タイミングが取りやすい

・理想的なトップの位置に入りやすい

・動から動なので勢いをつけてトップが作れる

 

これがよく言われるヒッチのメリットです。

 

逆に良くないとされる理由

・トップに行くまで時間がかかる

・タイミングが合わせづらい

・トップができない状態

・トップに入る前にスイングをしてしまう。

・力強く振れない

 

こういったデメリットがあります。

 

しかし解決策は簡単で

タイミングの問題です。

 

私もそうでしたが、

ヒッチが上手くできない理由は

単純に慣れていないだけです。

 

ヒッチしながら

タイミングをとることに慣れていないので

 

タイミングが合わせられず

しっかり振ることができないのです。

 

慣れればヒッチもうまくいくようになります。

タイミングの取り方については過去の動画で説明。

詳しくはコチラからご覧ください

 

タイミングを取る練習方法!タイミングを取るための基準を手に入れよう

 

スポンサーリンク




 

私のお勧めは後ろの脇を開けることです

これは本当に飛距離も打球を変わったと

実感できます。

 

キャッチャー寄りの腕は

インパクトした瞬間ボールを押し込んで

飛距離をだす役割があります。

 

そのため後ろ脇を大きく開けて

トップの位置から勢いをつけて

スムーズに肘を身体の前を通す

 

そうすると肘を下すスピードを

スイングの加速に生かすことができます。

よく「肘を抜く」と言われる動きです。

 

この肘を抜くのが苦手な選手が多くいます。

 

・肘が身体の前をスムーズに通らない

・身体に当たって前に出てこない

・肘を抜こうとして身体を開いてしまう

 

なぜ、右ひじの使い方、

肘を抜く使い方が苦手なのか

 

それは明らかに使い方、抜き方を教えないからです。

 

今考えると私も教わったことありませんでした。

社会人になってから肘の抜き方を教わりました。

 

メジャー選手は肘の抜き方を子どものころから

徹底的に教えるそうです。

 

肘の抜き方でさらにお勧めなのが「前かがみ」です。

 

私も最初は肘を抜くこと、

右腕の使い方は苦労しました。

 

スムーズに出すために前かがみにしました。

前かがみにすると身体の前にスペースができ

肘がスムーズに出るようになります。

 

私は前かがみになることで肘が抜けやすくなり

肘の使い方もよくなったので飛距離が伸びました。

 

・前かがみ(前傾姿勢)

・ヒッチ(グリップを下げて上げる動作)

・後ろ脇を大きく開ける

 

ぜひこの3つを取り入れてみてください。

上手く取り入れることができたら

劇的に打球が変わるはずです。

 

そしてメジャー選手のをお手本にして

メジャー選手のモノマネをして

打ってみてください。

 

ここで私からのお願いですが

いきなり否定はやめましょう。

 

・メジャー選手はパワーがあるから

・日本人には向いていない

 

すぐに否定するなら

まずはやってみてください

 

その結果、合わないならやめればいいし

感じが良いなら続ければいいだけです。

 

合う人もいれば合わない人もいます。

最初から挑戦せずに

諦めるのはもったいないです。

 

まずはやってみてください。

 

動画で詳しく知りたい方はコチラの動画をどうぞ↓

バッティングでホームランを打ちたいならメジャー選手のモノマネをしてみよう

スポンサーリンク




SNS情報配信一覧↓↓

ブログ以外の情報配信はコチラ

 

サービスメニュー↓↓

個別相談・野球レッスン情報はコチラ