<間違いだらけの野球教室>バッティング練習でフライを打ち上げるなについて

Pocket

<間違いだらけの野球教室>バッティング練習でフライを打ち上げるなについて

バッティング練習をするときによく言われることが「フライを打ち上げるな」「ライナーの打球を打て」「早い打球のゴロを打て」などがある。

私自身もバッティング練習でゴロを打つことはしないがライナーで強い打球を打つことを心がけている。

子どもたちに教えるときはなおさらゴロを打つことは教えない。ライナーの打球かもしくはホームランを狙って打て!と教える。

この教えにどのように感じるかは別として、先日とても面白く興味深い話を聞いた。

メジャーリーグを取材し記事を書いているお方と一緒にお話をする機会があった。その方はメジャーリーグを取材して20年以上になるかなりのベテランで日本人メジャーリーガーと頻繁に交流している方である。

ニューヨークを拠点としすべての試合を観戦している。当然、試合前の練習からグラウンドで選手たちの行動などを見ている。

どんな練習をし、どんなことを感じながら練習しているのか選手に聞きながら取材しているのでリアルな選手の声がたくさん聞ける。

その話の中で、「日本の指導方法とメジャーリーグの指導方法の違いは何か?」という話になった。実際、私は日本以外の野球には携わっていないので詳しく聞きたかった。

いろいろな違いについて話してもらったが、バッティングの考え方の違いがすごく興味を持った。そんな考え方をしながら指導し、選手もその考え方で練習をしているのかと思うととても勉強になった。

その考え方と練習方法についてだが、指導者も選手もゴロを打つことやライナー性の打球を打つことは考えていないそうだ。では何を考えて練習をしているかというと遠くに飛ばすことだそうだ。

さすがメジャーリーグって感じで聞いている私がワクワクしてきた。

バッティング練習で強い打球のゴロを打っても評価されなくフライを打つと評価される。日本と全く逆の考え方だ。

さらにアメリカの子どもたち、いわゆる日本の少年野球と言われる指導でも最初に教えることはフライの打ち方だそうだ。

なぜフライの打ち方を教えるかというと、基本がアッパースイングと言うこともあるが、どの角度で打球が上がったらホームランになるか、遠くに飛ばせるのかを教えるためだそうだ。

さらにすごい言葉が出てきた「ゴロでヒットを打っても打った気にならない!それよりの右中間、左中間を破る大きな打球を打つ方が気持ちいから。みんなホームランを打ちたくて野球を始めたんだろう」

その通りである。さすがと言う言葉しか出てこなかった。

日本の野球とメジャーの野球は違うと言われればそれまでだし、そのようなことを言う指導者などがいたらそれはもったいないと思う。もっと頭を柔らかくし、固定概念を捨てることも成長につながると思う。

ちなにみ、メジャーリーグの選手はあまり練習をしないイメージを持っている人も多いのではないでしょうか?スプリングキャンプも日本のキャンプと比べたら期間も練習時間も短いし、ハードな練習をしていないイメージがあります。

実際は全体練習は短いですが個人練習に重きを置いているそうなのです。テレビで個人練習の風景を流さないので私たちは練習をしないイメージがあるそうです。

日本に比べると時間は長くないですが、結構バットを振り込んでいるそうですよ。

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

 

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた