レベルスイングが身につく練習方法

Pocket

私は「上から叩く」スイングや

「ダウンスイング」では打てないと

言い続けている。

 

 

いや、正確には打つ確率が

かなり下がる!!

特に子どもたちの場合は

1割も打てないだろう!

 

 

「上から叩く」「ダウンスイング」

これらのスイングがなぜ

打てなくするのか?

 

 

この理由については、以前

ブログで書いたのでそちらを

読んでいただきたい。

 

 

簡単に説明すると

上の図のように

基本的にはボールの軌道を描く

 

 

マウンドがあり、そこから投げた

ボールの軌道は図のように角度がある。

 

 

小学生にはマウンドは無い!

という方もいらっしゃるが

基本的にはマウンドが無くても

角度はある。

 

 

この「角度がある」という

理由から、普通に考えて

 

 

ダウンスイングより

アッパースイングの方が

ボールに当たる確率は

間違いなく高くなる。

 

調べていたらちょうどいい

写真が出てきたのでこちらを

参考にしていただきたい。

 

 

とても分かりやすい

写真になっています。

 

 

この写真は

アッパースイングではなく

レベルスイングになっています。

 

 

要するに、ダウンスイングと

レベルスイングではボールと

バットが当たる範囲が違ってくるのです。

 

 

ダウンスイングの写真を見ると

ボールトバットが当たる範囲が

狭いですよね。

 

 

上の写真で言うと

ボールとバットの接点

というところを見てください。

 

 

ということは、ここの接点で

打てなかったら…

 

 

接点より前でボールを打ったら

泳いだスイングになり、

サードボテボテのゴロですよ。

 

 

それか、こすった打球で

力のないフライになってしまいます。

 

 

では、接点より後ろで打ったら…

 

 

間違いなく空振りですよね!

タイミングが合わなければ

空振りする確率も上がってきます。

 

 

一方、レベルスイングだと

ボールとバットの接点の範囲が

広いですから、ヒットになる

確率がグーンと上がります。

 

 

タイミングが合わなくても

ファールにすることができる

差し込まれてもライトに

ヒットが打てる。

 

 

子どもたちにはまだ

難しいかもしれませんが

レベルスイングができれば

 

 

多少、差し込まれても

バットを押し込むことができるので

ホームランを打つこともできるのです。

 

 

この「押し込む」というコツは

ダウンスイングでは絶対にできない

方法です。

 

 

以上のことから私は絶対に

「上から叩く」「ダウンスイング」

で教えることはありませんし

 

 

私自身も上から叩いたり

ダウンスイングをすることは

ありません。

 

 

では、

上から叩くダウンスイングは

よくないと分かった

 

 

レベルスイングがいいと分かった!

しかし、どうやってレベルスイングに

修正してあげられるの?

 

 

ここからが本題です!!

 

 

今まで「上から叩く」や

「ダウンスイング」を

やらされてきた選手には

 

 

アッパースイングで

打たせるようにしますが

 

 

やはり、今までずっと

やり続けたスイングと言うのは

簡単には修正できません。

 

 

そもそも、レベルスイングの

バット軌道ってどうなってたら

いいのか分からないのです。

 

 

「レベルスイングで振れ」と

言ったところで子どもたちは

「???」ですよ。

 

 

私が素振りが嫌いな理由は

ここにあるのですが、

 

 

素振りでは今のスイングが

いいのか、悪いのかが分りずらい!

 

 

私は打球で自分の

バッティングフォームを

チェックしたいのです。

 

 

打球は本当に正直です。

打球が答えを教えてくれます。

 

 

以前のブログ

「私がバッティング練習で

意識していること」にも

書きましたが

 

 

打球が私の

バロメーターなのです。

 

 

私は打球でいいスイングなのか

判断しています。

 

 

これは、

子どもたちに教えるときでも

そうです。

 

 

打球を見て判断し

アドバイスを送ります。

 

 

こう言ったことを書くと

また話が長くなるので

別の機会でお話します。

 

 

私がレベルスイングを

身に付けさせるための練習方法は

コチラです。

レベルスイングを身に付けるための練習方法

 

 

動画を貼り付けようと

思ったのですが、

 

 

うまく貼り付けれなかったので

YouTubeに載せましたので

参考にしてください。

 

 

まずはスタンドティーを

2台用意します。

 

 

1つ目のスタンドティーは

軸足の前に置いてください。

 

 

2つ目のスタンドティーは

実際の自分の

ミートポイントに置いてください。

 

 

その状態で、動画のように

実際に打ってみてください。

 

 

この時に重要になるのが

打球の方向なのです。

 

 

レベルスイングができたから

いいのではないのです。

打球もきちんと見てください。

 

 

軸足に置いた打球は

動画ではわかりずらいですが

ライト方向に飛んでいます。

 

 

球場で例えるとライトの

ポール方向ぐらいに

飛んでいます。

 

 

そして、ミートポイントに

置いたボールは当然ですが

センター方向、真正面に

飛んでいます。

 

 

この二つの打球で判断します。

きちんと逆方向と真正面に

打球が飛んだら、レベルスイングが

できています。

 

 

打球が違う方向に飛んだら

ミートポイントがズレているか

レベルスイングになっていないので

 

 

その場合は、最初はゆっくり

スイングをして、自分のバット軌道を

確かめながらやってみてください。

 

 

そして、最後にもう一つ大事なこと!

 

 

それはこれも当然ですが、

軸足に置いたボールも

ミートポイントに置いた球も

 

 

2つともバットの芯でとらえて

いるので速い打球が飛びます。

 

 

しっかり芯でとらえることが

重要なので打球の速度も

判断基準にしてみてください。

 

 

この練習方法が身につけば

逆方向にも強い打球が打てるし

ヒットを打つ確率も

グーンと上がってきます。

 

 

最初は難しいかもしれませんが

コツコツと自分で

工夫してやってみてください

 

 

この練習方法について

もっと詳しく知りたい方は

コチラからお問い合わせください。

ご質問・ご感想はコチラから

 


★会員メンバー募集中★

会員メンバーにしかない動画やサービスが満載!!

 

野球少年のための野球教室

元社会人野球選手が社会人野球選手経験と

野球指導経験で作り上げてきたノウハウを

徹底的に教えます。

定期的な練習プランとマンツーマンレッスンで

理想に近づけます。

野球カウンセリングはコチラから

 

野球指導者のための野球教室

子どもたちが上達しない、

子どもにどう指導していいか分からない、

そんな悩める野球指導者を徹底的に指導します。

野球経験がなくても、

短くても練習方法を学べばすぐに身に付きます。

指導者のための野球教室はコチラから

 

野球少年を持つ親のための相談部屋

相談室メンバー限定セミナー、

定期個人カウンセリング、

コミュニティに参加できる月額制の相談部屋。

野球少年を持つ親のための相談部屋はコチラから

 

野球指導者のための情報交換メンバー

情報交換会メンバー限定セミナー、

定期個人カウンセリング、コミュニティに

参加できる月額制の情報交換会。

野球指導者のための情報交換室はコチラから