<間違いだらけの野球教室>バット選びについて

Pocket

<間違いだらけの野球教室>バット選びについて

 

 

野球教室で教えているときに、子どもやお父さん、お母さんから「どんなバットを選べばいいですか?」とよく質問されます。また「練習ではどんなバットを振ればいいですか?」と聞かれることもよくあります。

 

 

私の答えは「軽いバットを選んでください」といつも答えている。そして絶対にマスコットバット(重いバット)を振って練習してはダメと言っています。

 

 

試合で使うバットは私は短くて軽いバットを使っていました。社会人時代は自分のオーダーのバットが作れます。一定の選手にならないと作ることはできません。

 

 

ですので私もまだレギュラーに定着していない時期はオーダーのバットではなくプロモデルのバットを選んで使っていました。当時、人気があったのが「イチローモデル」「高橋由伸モデル」「立浪モデル」が人気がありました。

 

 

私も「高橋由伸モデル」を使用していましたが、今一しっくりきませんでした。今考えると当たり前のことですが・・・

 

 

その他に「イチローモデル」も使っていましたがやっぱりしっくりきません。それはそうですよね。イチロー選手や高橋由伸選手がオーダーで自分に合ったバットを作っているのですから、技術も体格も全く違う私が使ったらしっくりくるはずがありません。

 

 

今の子どもたちも「●●モデル」と言うバットを使いたがるのは当然ですが、そのバットが合ってヒットが量産できるのならいいですが、ヒットもあまり打てないと言うことであればバットを変えてみるのもいい方法かもしれませんね。

 

 

まー今は少年用のバットも性能が良くなっているのですぐに割れたり、ヒビが入ることがないのですぐにバットを買い替えると言うことも難しいとは思いますが・・・

 

 

ある年から自分のオーダーバットを作れることになった時に、私は短くて軽くてバットの芯の部分が太いバットをオーダーで作りました。

 

 

なぜ、短くて軽いバットを作ったのかと言うと、社会人選手でしかもエースと呼ばれるような投手はプロ注目の選手ばかりです。球は速いし変化球もキレッキレです。

 

 

そんな一流の投手を打つためには自分のレベルを上げるしかないのですが、レベルの向上なんて言うのは一朝一夕でできるはずがありません。

 

 

そうであるなら、何を変えればいいのか?メンタル?それもすぐには身に付きません。もっと簡単にすぐに変えれる方法があるのです。

 

 

それがバットを変えることでした。今使っているバットより軽くて短い、つまり自分が操作しやすいバットを使ってみることにしたのです。

 

 

変化球狙いでインコースに140キロ後半のストレートが来たら手も足も出ませんでしたがバットを軽く短くして操作しやすくなったことでバットに当てることができましたし、ファールを狙えるようになったのです。

 

 

ミートもしやすくなったのでヒットを打つ確率も上がり、バットを変えてから首位打者も取れました。とは言えバットを変えたぐらいで首位打者を取れるぐらい甘い世界ではないので、技術向上のために練習をしまっくたことは言うまでもありません。

 

 

なので、バットが「重いな」と感じたり「扱いにくいな」と感じているのならば今のバットより短くて軽いバットに変えることをお勧めします。

 

 

プロモデルはカッコいいし、持っているだけで打てそうな気がしますが私はそれだけでバットを選ぶのはおススメしません。カッコいいバットを持って打てない選手と、プロモデルではないが自分が操作しやすいバットでヒットを量産できるバットならどっちがいいですか?

 

 

自分の憧れの選手が使っている、自分のバッティングスタイルが似ているからと言って、いきなりトッププレイヤーのバットを使っても結果は得られません。

 

 

技術と体力が伴わなければ使いこなせるはずがないのです。逆にますます不安が大きくなるだけです。

 

 

是非、自分に合ったバットを選んでヒットを量産してください。

 

 

そして、「練習ではどんなバットを振ればいいですか?」という質問ですが、練習では細長くて軽いバットを振ってくださいと言います。小学生ぐらいですとノックバットが良いです。

 

 

ただ、ほとんどの小学生や中学生は素振りや練習ではマスコットバットを振っています。なぜマスコットバットで素振りをしているの?と聞くと「プロ野球選手が使っているから」とか「バットを振る力を付けたいから」「スイングスピードを速くしたいから」と言う答えが返ってきます。

 

 

バッティングの技術を向上させるために重いバット(マスコットバット)を使ってみたいという気持ちも分かります。私もそう思ってマスコットバットを振っていました。

 

 

しかし、マスコットバットを振って得られたものは何一つなく逆に打てない選手へと近づいていきました。

 

 

それはなぜか、自分のバッティングスタイルの技術も体力もない小学生、中学生、高校生の私が意味もなく、理論も分からず振っていたからです。

 

 

マスコットを振って得ることができたのは社会人時代のしかもレギュラーに定着できたぐらいからです。その時に「あーマスコットバットってこうやって振るから意味があるんだ」と感じることができました。

 

 

社会人選手でマスコットバットを振る選手は多くいましたが、私も含めですがマスコットバットを振っている選手は共通点がありました。その共通点こそがマスコットバットを振る意味だったのです。

 

 

それはフルスイングをしないです。マスコットバットをフルスイングする選手はいませんでした。あ・・・たまに筋肉バカの勘違いしている選手はマスコットバットでフルスイングで素振りしたりバッティングをしていましたが・・・当然、そのような選手はレギュラーにはなれなかったですが・・・

 

 

マスコットバットを使って練習する意味は下半身を使うことができているかの確認で振っているのです。

 

 

と・・・マスコットバットを振る意味を話すとまた長くなりますので、今日はここまでにしておきます。

 

 

まとめますと、試合で使うバットは今のバットでヒットが量産できていれば今のバットでいいです。ヒットが打てていないのであれば今のバットより短くて軽いバットに変えることをお勧めします。

 

 

そして、マスコットバットで素振りやティーをすることはやめましょう!家で素振りをするなら軽いバット(ノックバット)などを振った方がいいです。

 

まー私、個人的には素振りは好きではないし、ススメルことはしないですがね・・・・

 

質問、感想はこちらから

—————————————————-

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

 

 

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた