<間違いだらけの野球教室>身体が開くのを我慢しろについて

Pocket

 

<間違いだらけの野球教室>身体が開くのを我慢しろについて

 

バッティング指導でよく使われるのが「身体を開くな」「壁を作れ」という言葉です。

 

 

なぜこの言葉が多く使われるのか。身体が開く(上体が開く)と肩も開いてしまいます。肩が早く開いてしまうと、変化球に対応できませんし下半身を使ったスイングができなくなるために「身体を開くな」と言われます。

 

 

今も言われていると思いますが、私が昔教わってきたのは打つときに踏み込んだ足のつま先を開かずに閉じろと言われました。

 

 

足の裏の内側から着地しろとか、足の裏をピッチャーの向けて出せとか言われてきました。

 

 

とにかく打つときにつま先が開かないように我慢して打てと何度も言われ続けてきましたし、身体の外側(ピッチャー側)に壁を作るために身体を開かないように我慢しろと何度も言われてきました。

 

 

しかし、このようにつま先を開かずに閉じて打てとか、身体が開かないように我慢していたら下半身を使った打ち方、腰を回す打ち方ができません。

 

 

またまた難しい話にはなってしまいますが、バッティングの基本は下半身を使った動作になります。先ほども書きましたが下半身を使って腰を回す動きが基本です。

 

 

この腰を回すというのは「股関節と骨盤を上手く使う」動作になります。よく「腰を回せ」とか「腰を入れろ」と言われますがこれは曖昧過ぎるので正確な表現ではないのです。

 

 

私が社会人選手時代にトレーナーの人に言われたのは「股関節を動かして骨盤を回せ」と言われてきました。股関節と骨盤を上手に使えて「腰を回す」動作になるのです。

 

 

股関節の構造を理解すれば動かし方やこの話も理解できるのですが・・・

 

 

私もこのことを理解するために毎日、解剖学の勉強や練習を繰り返してやっと理解できたのでそう簡単に理解し教えることは難しいと思います。

 

 

話はそれますが、「バットは最短で出せ」とか、「バットを内側から出せ」「バットにしなりを出せ」とアドバイスする指導者がいます。これらのアドバイスは間違っていませんし理論的にはあっています。

 

 

しかし、それを実際に指導するときにほとんどの指導者が上半身を使ったアドバイスをします。「バットを内側から出すために肘を身体の近くを通せ」「しなりを出すためにグリップから出せ」と言っていますが、私から言わせたら上半身を使ってバットを内側から出したり、しなりを出すことはできません。

 

 

どうすればできるのかと言うと、先ほど言ったように股関節と骨盤を上手く動かせることができればバットは意識しなくても内側から出てきます。

 

 

股関節と骨盤を上手く動かせると下半身の力がそのままバットに伝わり、最終的にはバットのしなりを使って打つことができます。

 

 

上半身を「こうしろ、あーしろ」と言う前に股関節と骨盤を上手く動かせるようにアドバイスする方が上達する近道になるのです。

 

 

では、どのようにすれば股関節と骨盤を上手く動かせるのかと言うと、解剖学を学び自分で実践してください・・・とは言いません。

 

 

まずは、子どもたちには身体が開くことを「ダメ」とするのでなく「いい」としてください。

 

 

そして技術的なアドバイスをするのであればステップした時につま先は開いて着地をする。もしくはステップをオープンにしてもいいです。

 

 

参考して欲しい動画を乗せようと思ったのですが乗せれなかったのでここでは見れませんが、参考になるステップをしている選手は「ロッテ・中日などで活躍した落合博満さん」と「ミスター赤ヘルの山本浩二さん」です。

 

 

小学生や中学生にバッティングフォームはマネできないですが、あれぐらい身体が開いていても大きなホームランが打てるのです。と言いますかあれぐらい開かないと大きなホームランは打てないのです。

 

 

つま先が開いていても、身体が開いていても右打者なら右肩、左打者なら左肩が早く出てこなければ問題ないのです。

 

 

身体が開くというのは右打者なら右肩が早く投手の方に出てしまうことなのでつま先が開いていてもステップした足がどこにあるかなんて言うのは関係ないのです。

 

 

肩が早くピッチャーの方に出ないように意識して、打った後はベルトのバックルがピッチャーに見せるぐらい身体を開きましょう。

 

 

身体を開くことを怖がらず、逆に開いてもいいぐらいの意識を持てば打球も飛んでいきます。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

—————————————————-

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

 

 

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた