<間違いだらけの野球教室>野球理論について

Pocket

 

<間違いだらけの野球教室>野球理論について

 

私がよく「理論だ!」「理論に沿って」と言う言葉を使っていますが、多くの方が「理論っていったい何?」と思っておるはずです。

 

 

「理論は理論です!」なんて答えたら怒られそうなのでちゃんと調べてみました。

 

 

ウィキペディアで調べてみるとこんな感じに出てきました。

 

 

理論とは対象となる事象の原因と結果の関係を説明する一般的な論述である。自然科学、人文科学、社会科学などの科学または学問において用いられている。 

 

 

はいはい!なるほど!と思われた方。頭いいですよね。

 

 

????がたくさん出てきた方。私もこの文章だけ読んだら同じように????がたくさん出てきます。

 

 

もっとわかりやすくわかりやすく書いて欲しいですよね。

 

 

と言うことで私が分かりやすく、野球に沿って解説していきたいと思います。

 

 

話はそれますが、こう言った説明がちゃんとできないと一流の指導者とは言えませんよ。子どもたちから「なんでこうなるんですか?と質問されて、「そういうものだ!」「そうだからだ!」なんて答えたら「この人は分からないんだ」とか「○○なんだな!」って思われちゃいますよ。

 

 

実際に私が小学生の頃は、子どもながらに質問に対してちゃんと答えれない大人を見て素直に「○○なんだな」って思いましたし、聞いても無駄なんだなと感じました。

 

 

これって大人の世界でも言えるはずですよね?あなたが先輩や上司に質問をしてあいまいな答えや返答がおかしかったら「は?こいつ頭○○○んじゃないの?」って思うはずです。

 

 

子どもにもちゃんと分かるように伝えることが一流の指導者になる条件の一つだと思います。

 

 

さて、話は大きくそれましたが、理論とは・・・という話に戻しましょう。

 

 

ヒットやホームランを打った。

三振を奪った。

ファインプレーができた。

盗塁が成功した。

勝った。

負けた。

 

 

こう言った行動には誰にでも共通する原因があるのです。原因があるから結果が出るのです。

 

 

そのような原因を原理や法則で誰にでも納得できるように説明し、実践で成果が出るようにすることなのです。

 

 

分かりますかねー?

 

 

これで分からないと言うことであれば・・・私もまだまだ一流の人間とは言えないと言うことですね。(反省)

 

 

なぜヒットが打てたのか?なぜホームランが打てたのか?なぜ三振を奪うことができたのか?なぜファインプレーができたのか?なぜ勝てたのか?

 

 

ヒットを打てた原因がちゃんと説明できて、その説明が誰にでも納得し理解し、誰がやっても同じような結果が出る。その方法が理論なのです。

 

 

特定の人にしか通用しない教えは理論ではないのです。

 

 

例えば、イチロー選手。今では「振り子打法」はやっていませんが、イチロー選手がオリックス時代にすい星のごとく登場しシーズン210安打(当時のプロ野球記録)を打った時は「振り子打法」でした。

 

 

今も昔も変わりませんが、当然、スーパースターが出てきたら一度はその選手のマネをしてみるものです。

 

 

当然私もイチロー選手のマネをして「振り子打法」をしてみました。皆さんも一度はイチロー選手のマネをした経験はあるのではないでしょうか?

 

 

「振り子打法」をマネて打ってみてどうでしたか?打てましたか?多分、練習では気持ちよく打てるし、打球も早くなったのではないでしょうか?

 

 

もしくは、全く打てなかった人もいるはずです。私は練習ではできますが試合や実践では全くできませんでした。

 

 

なぜでしょうか?

 

 

練習が足りないから?センスがないから?

 

 

いいえ、違います。理論が分かっていないからです。

 

 

当時のイチロー選手を見て多くの人はこう言ったのです。「イチロー選手は天才だからできるのであって、他の人はマネできない」

 

 

「参考になる選手ではない」とプロ野球の解説者までもが言っているのです。なので当時の私は「そっか!天才だからできるんだ。と言うことは振り子打法ができない俺は天才じゃないのか・・・」とまで思ってしまいました。

 

 

しかし、そう思ってしまった自分はまだまだ甘かったんだなと今になって思います。なぜかというと「イチロー選手は天才だから」と思ってしまったからです。

 

 

「天才だから」と言う便利で、逃げの言葉を使ったのです。自分の常識や考えを超えた選手をこの「天才」と一言で片づけてしまうので、その先の思考が終わってしまうのです。いわゆる、考えなくなるのです。

 

 

「天才」と言う言葉を使うことで野球人としてバッティングの極意やヒントをつかむチャンスを放棄しているのです。

 

 

もし、あの時代に今の考え(理論)をもった現役時代の自分がいたらイチロー選手がどういった身体のメカニズムで打っているのか?なぜあんなにヒットを量産できるのか?自分の考え方と何が違うのか?

 

 

自分の経験を照らし合わせながら、さらに科学的な運動理論や動作学などを参考にしながら分析するだろうな!

 

 

今の時代は調べれは簡単に情報は手に入るから、指導者の皆さん、そして選手の皆さんも是非、理論に沿ってプロ野球選手のマネをしてみてください。

 

 

ただ、見よう見まねだけで練習したりしないでくださいね。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

——————————————————-

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた