野球以外の趣味も持とう

Pocket

こんにちは。野球カウンセラーの沖増です。

先日に下記の内容をSNSに配信しました。

 

今、やっていることから一旦、離れるときの感情のサイン

 

・やらなければ

・もっともっとしなければ

・足りない

 

このような感情が出始めたら余計に

負のスパイラルに入ります。

 

このような感情が出たら

今やっていることから離れ、

 

自分がワクワクすること、

やりたいことをして気持ちを

リフレッシュしましょう。

 

今回はこの内容について詳しく説明していきます。

 

私は今も野球少年だった頃もそうですが

基本的に「やりたい」と思うことしか

やっていませんでした。

 

特に野球少年の頃なんて

自分の感情のまま生きていました。

 

とにかく野球がしたい

野球の練習がしたい

ただ、それだけの感情でした。

 

だから

「バットを振りたい」

「走りに行きたい」

「壁当てがしたい」

 

素直な気持ちだったので

バットを振ることや

走ること、壁当てすることが

楽しくて仕方なかったのです。

 

幸い、私の両親は野球に対しても

勉強のことに関しても全く

何も言わない両親だったので

 

「練習しなさい」

「勉強しなさい」

と言われた記憶がありません。

 

もし、両親にそう言われていたら

「バット振るかなー」

「走りに行くか…」

「練習に行くか…」

 

そんな気持ちに

なっていたかもしれません。

 

ただ、

社会人野球選手になってから

義務感で野球をすることが

多くなりました。

 

当たり前と言えば当たりまえの

話なのです

 

社会人ですからお金をもらって

野球をしています。

 

企業の看板を背負って

野球をしています。

 

やらざるを得ない時もあります。

 

さらに、

同じチームのレベルの高さ

同地区のレベルの高さ

社会人野球のレベルの高さを

肌で感じてしまうと

 

さらに、義務感が強くなります。

 

「こんなもんじゃ通用しない」

「もっとやらなければ勝てない」

「他の選手はもっとやっている」

 

自然とこう言った感情が出てきます。

 

確かに、こう言った感情も

モチベーションは上がりますし

練習にも気が入ります。

 

しかし、

この気持ちが強くなればなるほど

 

・やらなければ

・もっともっとしなければ

・足りない

 

こんな感情になっていき

余計に「負」のスパイラルに

ハマっていくのです。

 

こう言った感情をもって練習すると

当然、気が重くなるし

「負」のスパイラルにハマるから

調子を落としてしまうのです。

 

特に、

社会人野球は野球をすることが仕事です。

ある意味、義務でもあるのです。

 

「今日は練習したくないからやらない」

「今日は気分が乗らないからやらない」

ということが当たり前ですが通用しません。

 

調子が悪くても、気分が乗らなくても

球場に行かなければいいけません。

 

私も経験がありますが

そんな時に行く球場までの

道のりが辛いんです。

 

寮から球場まで自転車で

5分ぐらいなんですが

自転車がやたらと重く感じるのです。

 

そんな気分で練習しても

チームにも迷惑かけますし

技術は向上しません。

 

そんな時、

どうやって気持ちを切り替え

「よし、今日も練習がしたい」

と思えるようになるのか。

 

正直、私はこの切り替えが

とても苦手と言うかできませんでした。

 

野球一筋でやってきた私は

野球で上手くいかなかったら

練習で上手くすればいい

 

練習することで嫌な感情も

「負」のスパイラルからも

抜け出せると思っていました。

 

しかし、

そんな状態で練習をすればするほど

どんどん調子を落とし

不調から抜け出せないんですよ。

 

「今日はバットを振りたくないな」

 

と本音では思いながら

バットを振っていると

その悲壮感が伝わるのです。

 

そんな時、

先輩から飲みに誘われ

飲みの席で先輩から

 

「お前の趣味は何?」

と聞かれました。

 

正直私は趣味はありませんでした。

と言うか趣味は「野球」でした。

 

先輩から

「野球以外の趣味を探せ」

と言われました。

 

野球以外の趣味を探せと言われても…

 

そう思いましたが、社会人野球で

結果も出し続けている先輩が言うのだから

そうしたほうが良いんだなと思い

野球以外で趣味を探しました。

 

すぐには見つかりませんでしたが

趣味と言うか「楽しい」と思えることが

いくつか見つかりました。

 

そして、先輩から

 

練習がしたい!と思えるまで

その趣味に没頭しろ!

練習がしたくなったら練習すればいい

それが野球を長く続ける秘訣

 

そう教わりました。

 

そこから少しずつではあるが

私の成績もよくなりました。

 

試合でヒットが打てない

上手くいかない

 

そんな時に

「もっと練習して上手くなりたい」

という感情の時はいいのですが

 

「気分が乗らない」

「やらなければいけない」

 

こんな感情が出たときは

練習を早く切り上げ

ワクワクする趣味に没頭しました。

 

没頭することで

「嫌な感情」「悩み」というものが

出てこなくなります。

 

嫌な感情よりもワクワクの

感情の方が上回るのです。

 

だから私は

このような感情が出たら

今やっていることから離れ、

 

自分がワクワクすること、

やりたいことをして気持ちを

リフレッシュしているのです。

 

「やらなければ」

「もっともっとしなければ」

「足りない」

 

こう言った感情が出てきたら

今やっていることから一旦離れて

 

自分が楽しいと思えること

ワクワクすることに没頭して

気持ちをリフレッシュしましょう。

 

そして、没頭できる趣味を

1つか2つ見つけましょう。

 

私も毎日、自分の野球理論に磨きをかけるために

研究と練習していますので参考として

私のYouTubeとTwitterを見ていただけたらと思います。

 

それでは、今回は以上にします。

 

YouTubeチャンネル↓↓

野球上達の練習方法を伝えるYouTubeチャンネル

 

Twitter↓↓

野球上達の練習方法や考え方を中心に呟くTwitter

 

野球少年のお金と時間の感覚に危機感↓↓

親子で学ぶ教室

 

Twitter↓↓

自分自身との向き合い方などを呟くTwitter