子どもが自分の考えを言える環境を!!

Pocket

遠~い昔の話

私が野球少年だった

頃の話。

 

 

私はグラウンドでは

「はい」か「いいえ」

しか発していなかった。

 

 

小学生のチームでは

そこまで上下関係は

厳しくなかったが

 

 

監督やコーチとの

関係は厳しかった。

 

 

何か言われたら「はい」

それしか言えなかった。

 

 

当然、自分の意見も

言えるはずもない。

 

 

「はい」以外の言葉を

発すれば「口答えするな」

のお決まりの言葉がくる。

 

 

だからいつも言われたこと

しかできなかったし、

考えることもしなかった。

 

 

中学生、高校生になれば

上下関係はめちゃくちゃ

厳しくなる。

 

 

私の中学時代、高校時代は

監督より先輩の方が偉い!

そんな風潮があった。

 

 

なおさら、自分の意見なんて

言えるはずもなく、考えて

野球なんてできもしなかった。

 

 

自分の意見を言おうもんなら

口撃でなく攻撃される。

 

 

昔の言葉で言うと

ボコボコこにシバかれる

 

 

例え先輩の言っていることが

間違いだったとしても「はい」

と答えるしかなかった。

 

 

「あのカラス色白いな」

「はい」

(1秒以内の返答しないとシバかれた)

 

 

だからみんな野球観と言うか

考え方が同じになる。

 

 

技術的なことも同じだった。

先輩が上から叩く練習をしたら

後輩は同じように叩く練習をする。

 

 

誰一人、アッパースイングなんて

いなかった。というよりできなかった。

 

 

そういう環境で育っていくと

野球も考えながらできなし

監督やコーチの指示がないと

動けない。

 

 

ただただ、監督や先輩の

言われた通りにやって

怒られないように

野球をやっていた。

 

 

自分の考えで動けないし

何か指示をされないと

動けなくなってしまう。

 

 

誰かから何かを言われると

「はい」と考えもせずに

ただ、行動する。

 

 

ある人に

「なぜ、こういう行動するの?」

と聞かれ

 

 

 

「言われたから」と答えてしまう。

 

 

何も考えることができない

「イエスマン」になってしまう。

 

 

そうならないためにも

子どものころから

自分の意見を言えるように

指導したほうがいい。

 

 

私が野球少年だった頃

よく言われた指導で

 

 

「バッティングでは常に

背筋を伸ばして構えなさい」

 

 

「脇を閉めてバットは

立てて構えなさい」

 

 

こう言った指導をよくされた

 

 

当時は「はい」しか言えなかったので

なぜ、この構え方がいいのか?

なんて、考えたこともなかった。

 

 

ただただ、言われるままに

そうやって構えていた。

 

 

打てなかったら自分の

練習量が足りない、

気合、根性が足りん!

 

 

そう言われ続けてきた。

 

 

こう言った指導方法だと

子どもたちの可能性も

自然と狭くなっちゃいますよね。

 

 

バッティングフォームって

基本はあるかもしれませんが

人によってフォームって

違ってくるし、

 

 

打てる人のフォームが

その人に合うかどうかなんて

分らないですからね。

 

 

それを「背筋を伸ばせ」

「脇を閉めろ」といって

強制的にそうさせるのは

違うと思います。

 

 

ちゃんと子どもたちに

感想を聞いた方がいいし

 

 

指導者もなぜこう言った

アドバイスをするのかを

理由を説明したほうが

いいと思うんですよね。

 

 

先日、野球教室で

マンツーマンレッスンを

受けている野球少年に

アドバイスしました。

 

 

彼は右バッタです。

右腕の使い方や

肘の使い方が今は苦手で

右ひじが前に出てきませんでした。

 

 

※この右ひじが前に出てこない

という表現は私の文章力の無さで

伝わりにくいかもしれませんが

あまり深く考えないでください。

 

 

そこで私は、右ひじが前に出て

きやすくするために身体を

前かがみにさせて構えさせました。

 

 

「この構えで打ってみて」

そう伝えて打たせました。

 

 

「打った感じはどうだった?」

「バットが出てきやすいです」

「じゃ今はこの構えでいこうか」

 

 

「この構えをすることで…」と

説明を加え、なぜこの構えに

する必要があるのか?

なぜ、右ひじが出てこないのか?

 

 

そう言ったことを

考えさせるように

しています。

 

 

当然、小学生、中学生に

バッティング理論が分かるはずも

理解できるはずもありませ。

 

 

そこは指導者であるあなたが

わかりやすく、理論に沿って

説明してあげないといけません。

 

 

先ほどの私が子どもにした

アドバイスもすべてそれが

合っているわけではありません。

 

 

「こういう風に打ってみて」

そうアドバイスしても

「打ちにくいです」

ということなんてしょっちゅうです。

 

 

「だったらこうしてみて」

「じゃこれならどう?」

「これは?」

 

 

こう言った会話を

子どもたちとしてあげる

ことでしっかり考えれる

ようになるし、

 

 

子どもが今、何を考え

どうしたいのかわかってきます。

 

 

よく、「自分で意見を言いなさい」

そういう親もいますが、

子どもの頭の中では

言いたいことが分ってるのですが

 

 

実際に言葉に出して

伝えることが難しいんですよ。

 

 

特にバッティングフォームなんて

私の文章を見ていただくとわかる

と思いますが

 

 

頭の中では右ひじがこうやって出て

おなかの前をこうやって抜けていって

って出てくるんですが

 

 

言葉にしろって言われると…

 

 

私の場合はもっと文章力を

磨け!と言われるかもしれませんが…

 

 

子どもの場合はなかなか

発言しても、

「大人に何か言われる」

「間違ってたら…」

 

 

こう言った感情が

出てくるものです

 

 

間違ってても

例え口答えだったとしても

 

 

怒ったり、怒鳴ったり

罵声を浴びせたり

否定したりせず

 

 

受け入れてあげてください。

間違いを訂正するにしても

否定するような訂正の仕方は

やめてください。

 

 

子どもって本当に

敏感ですからね。

 

 

特に監督や指導者の

発する言葉には

敏感に反応します。

 

 

もっと自分の考えを言える環境

自分の意見を言える子どもを

育てる野球環境にしてください。

 

 

ただただ「はい」しか言えない

大人なんて、社会に出て

相当苦労しますよ。

 

 

野球部は元気があって

行動力もあるから

社会に出ても重宝される

 

 

そんな時代ではないのです。

 

 

元気があって言うことは何でも

「はい」と聞いてやってくれる。

 

 

そんな人間は…

 

 

ちょっと愚痴っぽく

なってしまいましたが…

 

 

何度も言いますが

子どもたちが意見を

言ってきても

 

 

仮に口答えしてきても

受け入れる心の広さと

言葉の返し方を

身に付けてください

 


野球教室のご案内

 

【冬休み限定】

短期間で飛距離が出せる

ファームを身に付ける

強化レッスン受付開始

詳しくはコチラから↓↓

冬休み限定野球教室

 

 

野球指導者のための野球教室

詳しくはコチラから↓↓

野球指導者のための野球教室

 

 

90日間でホームラン2倍打てる

バッティング教室

詳しくはコチラから↓↓

90日間でホームラン2倍打てるバッティング教室

 

 

定期的なプログラムと

マンツーマンレッスンの

野球カウンセリング

詳しくはコチラから↓↓

野球カウンセリング