<間違いだらけの野球教室>結果だけで判断することについて

Pocket

<間違いだらけの野球教室>結果だけで判断することについて

 

今日も暑い戦いが繰り広げられている甲子園ですが本当に何が起こるかわからないのが甲子園ですね。最後まであきらめず戦う姿勢はきっと野球の神様と甲子園の神様が見てるから筋書きのないドラマが起こるんでしょう。

 

さて、甲子園に限らずですが野球は結果がすべてのスポーツです。相手より1点でも多く得点したチームが勝つ。このルールは今後変わることはないルールです。相手より多くのホームランを打とうが、相手より多くの三振を奪おうが、相手より多くのエラーをしようが、相手より1点でも多くとっていれば勝ちなのです。

 

このような観点から見て言えば結果がすべてになりますが、それは試合が終わった後の結果になります。試合中の結果については結果だけで判断してはいけない場面がたくさんあります。

 

難しいので例え話でいいますと、例えばあなたは今、高校野球の監督です。あなたの高校は甲子園の決勝戦まで勝ち進みました。2対1で1点リードで後1アウトを取れば甲子園優勝です。しかし9回裏2アウト1塁2塁の場面です。ここで迎えるバッターはこの試合4打数3安打の2番バッターを迎えます。

 

この場面であなたはどんな指示、采配をしますか?ちなみに次の3番バッターはこの試合4打席0安打です。

 

いろいろな采配が出てきますが、正解はありません。「思いっきり勝負させる」「歩かせて3番バッターと勝負」などなどあると思います。私だったら「これだけの情報じゃ答えられない」になります。

 

私が何を言いたいのかというと、最初にも書きましたが「結果」だけで判断してはいけないと言うことです。4打数3安打だったとしてもそれまでの過程やヒットの内容、スイングの軌道などそう言ったところまで読み取って采配を出します。逆も同じで、4打数0安打だとしてもそれまでの過程やスイングの軌道など読み取りますから私からすると0安打のバッターの方が怖いなと感じます。

 

甲子園をテレビで見ながらバッターのスイングと言うのはチェックしています。いいスイングをしているバッターは例えその打席は凡打になったとしても次の打席は警戒します。

 

それとは逆にヒットを打ったバッターでも良いスイングをしていなくてヒットだったら怖さはありませんし対策が練れます。

 

今回の甲子園でもそういった場面は何回もありました、ここでどういった采配、配球をするのか楽しみでした。実況の人も「次は3安打のバッターです。ここは歩かせて今日ノーヒットのバッターで勝負ですかね?」と実況をするのですが、甲子園を見ている人は分かると思いますが、テレビ中継では必ずもう一人解説者がいます。その解説者は元社会人野球の監督を務めた方が解説をすることがあります。私が名前を聞いただけでも「すごい」と思える方ばかりです。そういった方が解説をするのはとても勉強になります。

 

先ほどの話で実況の人が「次は3安打のバッターです。ここは歩かせて今日ノーヒットのバッターで勝負ですかね?」と話をすると、解説者は「歩かせずにこのバッターで勝負した方がいい」と答えました。すかさず実況者が「ヒットを打っているバッターと勝負ですか?」と言い、「はい、コースさえ間違えなければ…」と言いました。相手は高校球児なのでテレビでははっきりと言うことは控えたと思いますが、もし相手が社会人野球選手ならきっとこういっているでしょう。

 

このバッターは今日3安打していますが、コースと配球さえ間違えなければまず、長打は無いですし、打ち取れる確率は高いです。しかし、今日ノーヒットの次のバッターはヒットは打っていないものの長打になる確率が高いスイングをしていますし、タイミングは合っていますので勝負はしたくないですね。打ち取れる確率が高いバッターと勝負します。

 

打ち取れる確率が高いほうで勝負をするのです。

 

私もこういった経験は何度もしてきました。現役時代、私はその試合で4打数3安打(長打は無く内野安打やクリーンヒット)同じようにチャンスの場面で打席に回りますが、私は敬遠をされた記憶がほとんどありません。結果的に四球になることはありましたが、敬遠はありません。どんなに次のバッターが打てていなくても私の後ろを打つ主軸は警戒されるのです。今日調子がいい私よりもタイミングもあっていなくヒットも打てていない主軸の方が打ち取る確率は低いのです。だから打ち取る確率が高い私と勝負をするのです。

 

前回の記事でも書きましたが、結果で判断しないと言うことは「考える」こと「分析」「見る」ことが大事になってくるのです。

 

このバッターは今日、ヒットを打っている。ヒットを打っていないというだけで判断せずにそれまでの打席、配球、スイングなどを考えながらそのバッターを見るようにしてください。そうすればピンチもピンチでなくなるし、考え方ひとつで楽な気持ちになれます。

 

今回は結果だけで判断するなと言うことでしたが、この記事を書いてて思い出したことがあるのでそれを書いて終わろうと思います。

 

私、高校生のころあるプロ野球球団のプロテストを受けに行きました。結果的に最終選考まで残りましたがバッティングで落とされてしまいました。

 

この時には聞かされなく後日聞いた話なのですが、プロ野球のスカウトが見ているところは「下半身」だそうです。詳しくは書きませんが「下半身が使えているか」を見ているそうです。

 

だからスカウトの人は試合を見に行くときは「下半身」をよく見るそうです。「この選手は下半身がしっかりしているな、下半身がしっかり使えているな」という選手を見ているそうです。その試合でヒットを打ったホームランを打ったというのは見ていないそうです。特に中学生、高校生は金属バットを使っているので「下半身」がしっかり使えていなくてもヒットやホームランは打てるので「結果」よりも「下半身」を見るそうです。

 

今、小学生、中学生で打てないからプロには行けないと落ち込んでいるお父さん、お母さん!全く気にすることはありません。しっかり下半身が使えるようになれば見る人が見れば「いい選手」と分かります。

 

結果よりも過程を大事にして練習に取り組んでください。

 

<質問、感想お待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

——————————————————-

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

 

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

 

名古屋市限定無料体験野球教室を希望される方

<詳細とお申し込みはこちら>

 

 

子どもに野球をやらせている親が持っておくべき、

大きな病気後の給与保障!

<詳細とお申し込みはこちら>

 

——————————————————-