<間違いだらけの野球教室>バッターボックスでの立つ位置について

Pocket

<間違いだらけの野球教室>バッターボックスでの立つ位置について

 

 

バッターボックスでの立つ位置を考えたことはありますか?もし子どもたちに質問されたらどう答えますか?

 

 

バッターボックスでの立つ位置についてはいろいろな説があります。

 

 

「球の速いピッチャーだったらバッターボックスの一番後ろに立って差し込めれないようにする」

 

 

「変化球が多いピッチャーの場合はバッターボックスの前の方に立ってボールは変化する前に打つ」

 

 

私も小学生、中学生のころはこのように教えられてきたので相手のピッチャーに合わせてバッターボックスでの立つ位置を変えていました。

 

 

このような考え方は一見もっともらしく聞こえますが、私が経験してきた中で言わせてもらうと、そんなことはない!と言えます。

 

 

バッターボックスにはルールで決められた枠があります。正確な数字は覚えていませんが、少年野球でも社会人野球でもプロ野球でもそのルールで決められた中で打たなければいけません。

 

 

「変化球が多いピッチャーの場合はバッターボックスの前の方に立ってボールは変化する前に打つ」という考えのもとバッターボックスの前に立って打ったとします。

 

 

実際に打ちに行くときに自分のステップ幅を計算しながら打ちに行く選手はいないと思います。そうするとバッターボックスからラインオーバーする危険があります。

 

 

仮にオーバーラインしないギリギリの位置で立ったとします。前で立ったところでそのわずかな距離で変化球の曲がる前にとらえることが可能でしょうか?

 

 

少なくとも私はできませんし、そんなことを考えもしません。単純に考えたらキャッチャーも立つ置を見て配球してくるでしょうし、変化球ピッチャーとは言えストレートをインコースに投げてきたら打てないはずです。

 

 

そしてなにより、ボールが変化する前に打て!って・・・カーブでもスライダーでもフォークボールでも変化する前に打つことは不可能です。変化球を打っているときって「あっ変化球だ!」と分かって打ちに行くのでだいたいが変化し始めた瞬間に打っていることがほとんどでした。

 

 

球が速く、フォークボールが得意な投手が出てきた場合(少年野球ではあまりいないと思いますが)社会人野球時代に円陣を組みコーチが作戦を言うのですが、攻略できない時の指示は「打席の一番後ろに立って低めのストレートは見逃してもいい、胸元のストレートだけを狙っていこう」と言う指示が出ます。

 

 

言いたいことは分かりますし、理屈的に言ったらそうなのかもしれませんが、こういった指示ってバッターは嫌なんですよね。難しいんですよ。

 

 

それなら「三振してもいいから積極的に自分のスイングをして来い」の指示の方が楽になります。

 

 

結局、バッターボックスの立つ位置はどこが良いのか?ハッキリ言いましょう。

 

 

どこでもいいのです。

 

 

え?と思われた方もいると思いますが、打席の立つ位置によって長所、短所があるのです。ホームベース寄りに立つとアウトコースは打ちやすいがインコースは打ちにくいなどなど・・・

 

 

それに個人個人バッティングフォームも違うし得意不得意がありますのでここの位置で立った方がいい!というのはありません。自分が打ちやすい立ち位置を見つけるのが練習なのです。

 

 

しかし、これだけは絶対にしてはいけないことがあります。

 

 

それは、その日の気分や調子などで立つ位置を変えることです。

 

 

練習や自分の打ちやすい位置を探すために位置を変えることはいいのですが試合などでコロコロ位置を変えることはしてはいけません。

 

 

それは、なぜか!

 

 

その前に私の社会人野球時代の立ち位置についてお話しします。

 

 

私はどんなピッチャーだろうと、球が速いピッチャー、変化球ピッチャー関係なく、バッターボックスの一番後ろに立ちます。

 

 

まずバッターボックスの一番後ろに立ち軸足(右足)をホームベースよりのラインにつま先を合わせます。そして一足分ホームベースから離します。最初に足を置いた場所のかかとの部分につま先を持っていきます。

 

 

少々分かりずらい説明ではありますが、私はどんなピッチャーでも調子が悪くても良くても毎回このようなルーティンをし打席の一番後ろに立っていました。

 

 

同じ位置に立つ理由は(なぜその位置に立つのかは割愛しますが)いつもと同じ景色で打席に立ちたいからです。

 

 

ちょっとした変化によって調子を落としたりします。ちょっとした変化に気づくことにより調子を上げることがあります。調子の波を少なくするためには常にいつもと同じ景色で見る必要があります。

 

 

試合だけではありません。普段の練習から試合と同じように立ち位置にこだわるのです。

 

 

私がバッティングセンターに行って練習するときも立ち位置はこだわります。普段見ている景色と何か違うと「今日はおかしいな」と気づけます。その中でいつもと同じ景色に見えるように工夫ができるのです。

 

 

そう言った小さなこだわり、数センチのこだわりと言うものを見つけるために練習があります。今回は自分が立つ位置にこだわりを持ったください。

 

 

打てないからと言ってコロコロ打席で立つ位置を変えないようにしてください。

 

 

最後になりますが相手投手に合わせて立つ位置を決めるのでなく自分に合った立つ位置を探してください。そして、なぜこの位置が良いのか自分なりの理由をもってそのことに自信を持ち、監督やコーチに聞かれたときに「自分はこういう理由でこの位置に立ってます」と言えるようになりましょう。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

質問、感想はこちらから

 

—————————————————-

もっと詳しく知りたい方はこちら→沖増茂伸ホームページ

 

こうした、すぐに役立つ情報が40ページ以上も!
期間限定でメルマガに登録していただいた方に、

無料で贈呈します。

「沖増茂伸のハッピーベースボールPlaying Letter」

<詳細とお申し込みはこちら>

 

 

庭に防音付きバッティングゲージが欲しいと思っているあなた

 

東京ドームを貸し切って試合がしたいと思っているあなた