<間違いだらけの野球教室>勝負強さを身に付けるにはメンタルの強さが必要について

Pocket

<間違いだらけの野球教室>勝負強さを身に付けるにはメンタルの強さが必要について

ここ一番で打てる選手、打てない選手がいます。ここ一番で打てる選手は一流選手と言われ、ここ一番で打てない選手は二流と言われています。

ここ一番で打てない選手は私のところによく相談にきます。「練習では打てるのですが、ここ一番では打てないのですがどうすればここ一番に強くなれるメンタルが鍛えられますか?」

選手だけでなく指導者や親からも「どうすればここ一番で結果が出せるメンタルを身に付けれますか?」と言う相談を受ける。

確かにメンタルも強くてここ一番で力を発揮する選手もいる。どんな場面でも緊張せずに練習通りの結果を出せる選手もたくさんいる。

ただ、私は緊迫した厳しい勝負が精神力(メンタル)でどうにかなるとは思っていない。それにメンタルトレーニングを取り入れようとも思っていない。

決してメンタルトレーニングを否定しているわけではない。

先ほどの相談もここ一番で結果を出すためにメンタルに原因を求めても解決しない。

では、ここ一番の勝負で結果を残すためには何が必要なのか?それは「技術」しかない。

よく考えてもらいたい。ここ一番の場面と言うのはどんな場面だろうか?究極が最終回1対0の場面で2アウト満塁。打者から見たら自分が打たなきゃゲームセットで終わってしまう。投手からしたら1点も上げたくない一打逆転の場面。

この場面で投手は今までより集中するし、全力で抑えてくる。キャッチャーも当然今までとは配球も変えてきます。

ランナーがいない時に比べてピンチの場面の方が打者からしたら打ちづらい球がくる確率は高くなります。投手が全力で抑えてきた玉、打ちづらい球をしっかり打ち返すには、精神力(メンタル)以前に技術が必要になってくるのです。

結局、技術があれば打てる。打てるから自信につながる。打てる自身があるからここ一番でも打てる。このようになっていくのです。

「俺は打てる」「俺は打てる」と唱えても打てる技術がなければ打てません。ただ、メンタルを強くすればいいというものではなく技術を磨き上げるからこそメンタルが強くなるし、技術があるからこそメンタルトレーニングが活きてくるのです。

自信とは自分を信じることである。自分を信じれるようになるまで正しい練習を繰り返し繰り返し行ってください。

自分を信じれるようになった時にここ一番で結果の出せる選手になれるはずです。

 

<質問、感想をお待ちしております。>

子どもに野球をずっとやらせてあげたいけど今後のことを考えるとお金のことで不安を感じているあなたへ

【驚愕】たった20分〇〇した結果!家にバッティングゲージとバッティングマシーンが買えるぐらいお金が浮いた!

【愕然】たった20分〇〇した結果!東京ドームを5日間貸切れるぐらいのお金が浮いた!

名古屋市限定無料野球教室を希望される方