<間違いだらけの野球教室>圧倒的な練習量と繰り返しについて

Pocket

<間違いだらけの野球教室>圧倒的な練習量と繰り返しについて

プロ野球のキャンプでよくみられる光景でもある泥だらけになりながらノックを受ける。いわゆる特守と言われるものだ。バテバテになりながらも自分の限界を超えてボールを追いかける。
こちらもキャンプなどでもよくみられる光景だ。連続でティーを打ち続けバテバテになっても振り続ける。しかも速いテンポで連続で打ち続ける。
一流になるには猛練習と反復!だと昔から言われてきた。
猛練習と繰り返しが近道だ!!なんていう人も多くない。
プロ野球選手がやっているのだから、プロになれてない選手はとにかく練習だ!!とにかく練習と繰り返しやり続けることが重要だ!!
なんて言う指導者もいるだろうし!やり続けるためにはモチベーションが必要になる!なんて言ってる訳の分からない指導者もいます。
こう言う訳の分からんこと教えるから子どもは伸びないんですよ!
私は猛練習や繰り返し練習を無意味だと言っているのではないのです。私自身、上のような練習を繰り返したおかげで技術が身についたと思いますし、1日1000スイングを振り続けたこともあります。
私が言いたいことは、誰に野球を教えているのですか?と言いたいのです。
プロ野球選手や社会人選手または大学生、高校生には猛練習の繰り返しはとても必要になりますし、必ず強化期間中には取り入れるべく練習です。
しかし、小学生、中学生に教えている場合は猛練習の繰り返しは無意味です。一流への近道どころか一流からどんどん遠ざけていきます。
そもそも小学生や中学生に猛練習の繰り返しを教えている指導者は何を根拠に言っているのでしょうか?
小学生、中学生に1日300スイング以上は振れ!!
数多く投げろ!
特守で数多くボールを捕れ!
こんなことやっていたら下手になりますよ!
プロ野球選手や社会人選手は土台がしっかりしています。身体が動かなくなるまで振り続けてもフォームは崩れませんし、例え崩れても自分で修正できるし、あるいはコーチがちゃんと指摘をして修正してくれます。

特守でも身体がバテバテになってもどんな形になっても基本の形で捕ることができます。

 

 

基本的なスイング、基本的な捕球態勢を繰り返し行うことで技術が向上するのです。

 

 

身体もできていない、ましてや基本のスイングも捕球態勢もできていない小学生、中学生がプロ野球選手や社会人選手のようなことをやっていたら悪い癖を繰り返し行うので一流どころかどんどん下手になっていきます。

 

 

しかも最悪なことに「1日に300スイングはしないとうまくならない」と言った指導者は選手のスイングをちゃんと見ないで「どんどん振れ」と言から悪いフォームを修正できないままに悪い癖を繰り返しその結果下手にさせてしまうのです。

 

 

猛練習や、やる気、モチベーションが大事などと言う前に、数少なくていいから打ち方や捕り方を教えてあげた方が一流への近道になるはずです。

 

 

身体が動かなくなるまで打ち続けたり、特守をして自己満足を味わうより、数は少なくていいので成功体験を積み重ねる方がはるかに自信になります。

 

 

成功体験を積み重ねることがやる気やモチベーションを保ち続けるのです。

 

 

<質問、感想をお待ちしております>

 

 

子どもに野球をずっとやらせてあげたいけど今後のことを考えるとお金のことで不安を感じているあなたへ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL